混迷を深める市庁舎問題
Date :2017-04-25(Tue)

4月も下旬、テレビではもう大型連休の天気が話題になり始めた。一方で空母カールビンソンと北朝鮮のような危うさが忍び寄る。

ところで、昨日、敦賀港カッターレースの後援依頼など協力を求めて各企業を訪ねた。カッターもそうだが、ボートを漕ぐのに後ろ向きになる。フランスにこんな言葉がある。「人は後ろ向きに未来に入っていく」と。目に映るのは過去の風景だけ。明日の景色は誰も知らない。それだけに大事業は難しい。

昨日、建て替えが検討されている市庁舎について、議会の「市庁舎建設対策特別委員会」が開催された。

市から、現在の庁舎の敷地内に新築する場合とプラザ萬象を取り壊しその跡地に庁舎を移転する場合、のそれぞれのメリットとデメリットが説明された。

建設費は、国の補助も含め新築トータルが67億円、移転が66億円になるとの見積もりを示された。3月議会前までは現在地の優位性が高いとの検討結果が示されていた。

移転案が3月の代表質問で突然提案された。わずか1ヵ月半としてよくできた資料とはおもうが、これだけの大事業比較するには、あまりにも検討不足、
これで市民への説明ができるか、国の財政措置を受けるため9月までに性急に候補地を決めようとする市の姿勢に批判が集中した。

道路網の違い、防災能力の比較、プラザ萬象取り壊しによる代替問題等だが、大事なのは市長が3月議会でみずからの言葉で語ったプラザ萬象敷地による市庁舎移転でまちづくりの理念とも言うべき意気込みが感じられないのだ。

正直、あまりにも検討期間が短く、見切り発車的な検討不足の資料と言わざるを得ない。仕事量が多いのか、検討期間がする事務方にも無理がある。これだけの課題をするにあたって、河瀬市長時代にはなかった検討不足での提案とも受け止めている。どこかに危うさと不安を感じる。

議会は執行権を持たない。あくまでも議案の決議権だけに、意見を述べるだけだ。それだけにこの進め方でいいのか、このギャップに、正直、気になるが、一方で、執行権を持つ市に委ねるしかない。ただ、移転に関する議案など、議決権持つ議会だけに、この問題に関する議員の責任は重い。

結論として議会からの意見を踏まえ、市は計画案を修正して大型連休前来月2日に委員会に再提示するとともに、5月9日から住民への説明会も開く予定。議会も来月23日、市民説明会で市民から市庁舎問題へのご意見を伺う。議論を深めより良い結論を得たい。

スポンサーサイト
【2017/04/25】 | ページトップ↑
北陸新幹線敦賀延伸チャンスとソフト面
Date :2017-04-24(Mon)

いい天気が続き若葉やツバメの活動が目立ち始めた。まさに春本番。一昨日は観光ボランティアつるがの総会、

観光ボランティアつるがの総会では、敦賀観光協会の事務局長から敦賀市の観光客数が昨年度200万人と復活し、気比神宮が最も多く66万人を記録したとの報告があった。ボランティアの活動報告では、大阪、愛知の観光客が大半がいつもの定番だ。

先日、敦賀市は、北陸新幹線敦賀開業の受け皿づくりのために、金沢市と富山県に訪れた観光客を対象に実施したアンケート結果を公表した。首都圏で新幹線敦賀延伸への認知度は低いと判明。敦賀に対して観光というイメージを持っていない人が多いとの結果が出された。

敦賀市のホームページにその結果が掲載されている。昨年八月中旬から九月末まで、金沢市と富山市、高岡市の駅周辺で、県外宿泊者に実施。

敦賀市を知っているという回答は各市内で60%を超えた一方、思い当たる観光地を尋ねると、未記入ばかりだった。関東から来た観光客に限ると、「気比神宮」と記入した人が富山で一人いただけだったと。ただ、新幹線が敦賀まで延伸した場合、各市内で80%以上が「訪れたい」「機会があれば訪れたい」などと前向きに答えた。

このアンケートは、いまの敦賀市の関東地方の方の認識だろう。逆に言えば、北陸新幹線敦賀延伸でひとつの大きなチャンスと言える。ポイントを絞った受け皿づくりが大事なのはことは確かだ。

受け皿づくりの経験で北陸線の敦賀まで直流化があり、商店街を訪れる観光客を多く見かけたが、その後の減少は受け皿づくりが今ひとつだったとも言える。

金ヶ崎周辺整備もポイントを絞った重要な要素だ。どう整備するか、5年後のビジョンを明確にする必要がある。また、北陸道総鎮守とも称される氣比神宮周辺の整備が国道8号の二車線化しか見えてこない。

古くは神代まで遡る長い歴史を持つ北陸でも代表的な観光名所。時宗の二代目・遊行上人である他阿、紀行文『おくのほそ道』を著した俳人・松尾芭蕉などとも深い関係があり、また“旗掛松”や“亀の池”といった緑や自然の豊かな境内には様々な由緒もある。

この5年間が重要な期間だが、ハード整備も大事だが民間の商店街、ホテル、旅館など、ソフト面の受け皿も重要な要素だ。観光ボランティアも4つが統一されて当時と会員は変わっていない。気になるのはどの団体もそうだが、高齢化だ。ハード面が整っても商店街の高齢化など、ソフト面の充実がなければ受け皿の継続は難しい。



【2017/04/24】 | ページトップ↑
扇子の閉じる引く際
Date :2017-04-23(Sun)


敦賀市は、来年の国体、5年後の北陸新幹線、それに市庁舎建て替えと大型プロジェクトが目白押しだ。

当然、それだけ財政負担も大きい。一方で福祉、教育の予算を一部縮小している。

ところで、暑い日は扇子を開くが、涼しくなればすぐ閉じる。経営も同じで、景気の先行きをこまめに見ながら攻め時と守り時を見逃さない。扇子商法と呼ばれ呼ぶそうだ。

原子力発電所がこれだけ長期停止する敦賀市の財政も厳しい。敦賀市も交付金で財政が豊かだった頃の拡大路線はある意味、楽だが、財政も人口減少など、縮めるときは難しい。

東芝、最近の日本郵政の損失、真っ先に子会社の苦境で巨額損失を出した。東芝も日本郵政も海外に活路を見いだしたかったが、これが失敗した。

敦賀市は外には手を出してはいないが、市立敦賀病院、市立看護大学、そしてRCN と会計は違うが、各事業への財政状況が市の財政にも影響する。

それぞれの事業を育てるのも、運営にも人材が必要だ。また、扇子哲学で大事なのは「扇子を閉じる引き際」とも。民間と自治体の財政運営は違うが、扇子商法もいま必要なことも多い。
【2017/04/23】 | ページトップ↑
落ちるナイフ
Date :2017-04-22(Sun)

政府は昨日、国民に向けて、北朝鮮の弾道ミサイル攻撃があった場合の避難方法や身の守り方を内閣官房のホームページ(HP)に掲載した。

緊張が朝鮮半島で続いている。米国と北朝鮮のにらみ合いは、まさに「チキンゲーム」。空母カールビンソンは25日ごろ日本海に入るとか。

ここまで、米国が空母を向かわせれば、北朝鮮は軍事パレードで武力を誇示し、ミサイルを発射した。ともに「平和」を口にするが、引く構えを見せない。その果ては破滅という名の崖ではないのか。偶発的な衝突が怖い。

相場の格言か忘れたが「落ちるナイフはつかむな」というのがある。落ちるナイフではないが日本は手出しはできないが、襲われればそのときはべつだ。いずれにしても緊張は相当のものとある自衛官は語っていた。


どこかに悲劇を避ける要素はないか。残念ながらナイフをちかつかせる決闘が始まっているが、救いはある。映画のシーンで腰を引いて背中を丸めた姿勢をヤクザ映画でみる。

攻撃よりも防御に重点を置いている。実は、この前かがみの姿勢が怪獣と闘うウルトラマンのポーズ。

こう語るも不謹慎かもしれないがウルトラマンは時に、必殺のスペシウム光線を使うか迷う。制限時間はエネルギーが尽きる3分間。人間の判断はどうか。

力による平和と語られているが、どこか危うい大半の日本人は起こるはずはないと思っている。私もそうだ。楽観論がつきまとうが、それでも日本海にカールビンソンが来る怖さはどこか、いままでとは違う。
 
【2017/04/22】 | ページトップ↑
敦賀1号の廃炉認可に思う。
Date :2017-04-21(Fri)

敦賀1号の廃炉が認可された。私にとって最初の仕事が敦賀1号だっただけに一抹の寂しさをかんじる。

1970年代、原子力発電所が増えいたころで、敦賀市の人口も増えていた。本町の活気も相当なもので、12月の年末にはタクシーを待つのに数時間を要した記憶が或。

若い人が私も含め敦賀市に移り住んだ。

ところで、いま、将棋界が活気づいている。世間は第3の将棋ブームと言われる。かつて1960年代初頭に歌謡曲『王将』がヒットし、96年には「羽生7冠」があった。そして今度は映画『聖の青春』『3月のライオン』が相次ぎ公開され、若きスターの誕生が後押しする。

藤井聡太四段(14)がすごい。愛知県瀬戸市に住むこの中学3年生、自身の持つデビュー後の連勝記録を「13」と更新中。昨年暮れにデビューし、先々週にプロ公式戦の新記録である11連勝を達成したばかりだ。

先日は日本将棋連盟会長の佐藤康光九段を倒してファンを驚かせた。23日にはいよいよ羽生善治3冠に挑む。26日の公式次戦を含めて勝負の行方は一体どうなるのか。

敦賀1号にはスターはいなかったが、ふげん、敦賀2号、そしてもんじゅと人口増加と共に歩んだ敦賀市、いま逆に敦賀1号、もんじゅと廃炉進むだけに、どう対応するか、活気も大事だが、辛抱する時代は苦しいが前を向いて歩くしかない。

【2017/04/21】 | ページトップ↑
地方自治法施行70周年と民法改正
Date :2017-04-20(Thr)

本年は、地方自治法が施行されて70周年を迎える。正直、宝くじの広告を見てはじめて知った。大きな節目の年でもある。我々の仕事はこの法律なしでは成り立たない。

また、民法改正分かりやすく内容周知を契約のルールなどを大幅に見直す民法改正案が衆院本会議で可決され、今国会で成立する見通しになった。

これも明治時代に施行されてから約120年たつが、契約分野では初の本格的な改正になる。改正されるのは民法第3編「債権」を中心とした条項で、債権法とも呼ばれる。この分野は近年、経済活動の動きが激しいため時代の変化に対応する必要性が特に高い。

地方自治法よりも民法は市民に最も身近な法律だ。社会の規律となる基本法だけに、政府や司法関係者は今後、分かりやすさに重点を置いた十分な説明をしていかなければならない。新設される条項では二つに注目したい。

なかでも認知症などで判断能力のない人が自宅のリフォームや物品購入の契約をしても無効となると明文化したことだ。高齢化社会への配慮は他の立法にも生かしたい。現行規定の変更も行われる。未払い金を請求する権利がなくなる期限(消滅時効)が原則として「請求できると知った時から5年」になる。

今は個人間の金銭の貸し借りは10年、飲食代金は1年などと業種ごとに異なっていたが、合理性がないとして統一された。

今回の改正は、消費者や高齢者ら社会的弱者への配慮が強化されたのが特徴だ。判例や実務を通じて定着している内容をまとめた面もある。しかし新たな定型約款などには具体的な事例をもっと明確に示すべきだとする指摘がある。改正内容の周知徹底に万全を尽くしてほしい。

いずれにしても地方自治法や民法は生活する上で、最も身近な法律だ。その意味を今一度、確かめたい。 
【2017/04/20】 | ページトップ↑
学芸員の重要性
Date :2017-04-19(Wed)

市立博物館の学芸員の深い知識や深い地元愛にいつも敬服する。先日も改修された博物館を勉強させてもらった。大和田銀行の奥の深さを学芸員の知識で知ることができた。

学芸員は博物館法に定められた専門職で、歴史や民俗、芸術、自然科学分野の資料の収集と保管、展示、調査研究を主な仕事とする。

その学芸員を「がん」呼ばわりした山本地方創生担当相が発言の撤回と謝罪に追い込まれた。けしからん一言だ。昨日の福井新聞の論説の通りだ。

また、NHK総合テレビで土曜夜放送の「ブラタモリ」を見ていて感心するのが、案内役として登場する学芸員の豊かな知識と熱い語り口だ。

文化財を良好な状態で後世に伝える役目を負っている学芸員は、価値を損なわずにどうやって活用するか常に頭を悩ませている。

敦賀の学芸員も研究によって体系的に位置付けた上で、保存のルールに従って展示、保存そして市民や観光客にどう説明するか、日々、悩んでいるのではないか。見せるための工夫も凝らしている。何度か説明を伺っているが頭はかなり柔らかいとみた。

敦賀市も「ブラタモリ」に出したい学芸員ばかりだ。学芸員と観光も切っても切れない重要な要素だ。
【2017/04/19】 | ページトップ↑
街の実相と人手不足
Date :2017-04-18(Non)

選挙はいろんなことを教えてくれるが、4年に一度、市内全域をくまなく回ると肌で感じることがある。寂しいが空き家と高齢化だ。西浦、東浦、愛発と厳しい現実がある。

一方、市内のスーパーでは客が1人で手続きするセルフレジ方式の導入だ。商品のバーコードを機械に読み取らせ、精算、クレジットもオッケー。料金を投入。すべて機械が処理。

推計によると日本の人口は2065年に約8800万人。今より3割減る。15〜64歳の働き手も4割減。敦賀市の人口減少はいま、全国平均を上回るスピードで進んでいる。コンビニでの人手不足はまだというが、いずれは来るだろうとも語る。

人手不足の時代に備えてコンビニ業界では、自動で会計したり袋詰めしたりするレジの開発も進んでいるらしい。

未来に向かってセルフ化やロボット導入の動きが加速する。「無言」で買い物し、店員と顔を合わせることなくレジを済ませる。慣れると簡単だが、どこか味気ない気もしてしまう。

話を戻すが、私の住む中央町でさえ、まだ一部とはいえ、一丁目では空き家と高齢化、二丁目は、新築もある反面、空き家も賃貸住宅やマンションの空き家も増えてきた。市役所が来て40年、急速に発展した町内も社会現象が着実に進む。

実相をしっかりとらえておく必要がある。





【2017/04/18】 | ページトップ↑
春うららな日曜日、弁天桜と鯉のぼりのコラボ、そして若狭町長選富山市議会選挙
Date :2017-04-17(Mon)

昨日は暖かいというより25度を超える夏日。春江の葬儀の後、有人に誘われて勝山を訪れた。

堤防を埋め尽くす薄ピンクの桜と、空中を泳ぐこいのぼりのコラボ。九頭竜川弁天河原に、約100匹のこいのぼりが川を横断する形で設置され、勝山弁天桜と雪が残る山々となんとも言えない春うららな風景だ。弁天桜は満開から一部桜吹雪、なかなかの風情だ。

夜は若狭町長選は現職の森下裕が6664票を獲得、無所属で新人の上野寛二氏に5865票差をつけ3選を果たした。圧倒的勝利だ。若狭町も人口減少と財政と嶺南共通の課題を抱える。昨夜は雲もなく明かりの少ない若狭町の星空がきれいだった。

選挙で気にしていたのは政務活動費の不正受給で14人が辞職した富山市議会の議員選(定数38)が昨夜、投開票された。

議会改革などをめぐり58人が争う大激戦となった。私の親しくしていただいている市議2名、高位当選、あらためて祝当選だ。

不適切使用を認め返還した元職1人と自民現職7人のうち、計3人が落選した。当選して票を減らすなど、やはり有権者の審判は厳しかったようだ。

ただ、補欠選挙での政務活動費の問題よりは、北陸新幹線による課題が選挙で市長選も含め多く取り上げられたようだ。金沢市と比べ途中下車の富山市の課題は多い。
【2017/04/17】 | ページトップ↑
「キッズパークつるが」滑り出し好調と「すまいるカード」
Date :2017-04-16(Sun)

昨日は久しぶりに琵琶湖の東岸を自転車で走った。奥琵琶湖から琵琶湖東岸はちょうど桜が満開だ。時折の雨と暖かいとはいえ、まだ風は冷たい。昼は西婦人会の総会、夜は中央町の総会と続いた。

西婦人会総会の市長挨拶でアクアトムの1階に本市が整備を進めてきた「キッズパークつるが」の話があり、土日800人、平日200人の利用があるとの報告があった。

天候や季節を問わずファミリー層を中心に楽しんでいただける、中心市街地の拠点として、3月26日にオープンし、好調の滑り出しだ。

市民から「すまいるカード」の適用の要望がたった。すまいるFカードとは、県の事業で社会全体で子育てを応援し、子育てにやさしい地域社会づくりを目指して、18歳未満のお子さんを3人以上お持ちの子育て家庭を、県内の協賛企業が応援する事業。

協賛企業(店舗)では、それぞれに割引・特典などを設定し、「すまいるFカード」を提示することで、割引・特典を受けることができる。ちなみに昨日、リニューアルオープンしたおおい町特産のきのこをテーマにした観光施設「きのこの森」の利用は可能だ。

「きのこの森」は、おおい町特産のきのこを県内外に発信する町の観光施設で、県とともに2億2千万円余りをかけ再整備した。このうち、家やクレーン車などを自分の好きな色で塗ってスキャナーで取り込むと、高さ3メートル幅14メートルの大きさのスクリーンに映し出された絵が動き出す「体験型映像システム」がが目玉とか。

ところで、今が旬のタケノコが食品スーパーの店頭に並び始めた。タケノコの漢字には旬が入る通り、季節を感じさせる代表格だ。確か俳句でタケノコの季語は春と思いやすいが、夏が正解とか。

ちなみに「竹の秋」は春だという。竹はタケノコに栄養分を回すので葉が黄色になるからだそうだ。葉が青々とする「竹の春」は秋。と俳句の専門家に伺ったことがある。能書きよりもタケノコご飯はうまい。桜も散り始め、春本番だ。








【2017/04/16】 | ページトップ↑
| ひとことトップ | 次ページ