市庁舎問題でひとつの方向性が明らかになった。
Date :2017-05-27(Sat)

市庁舎問題で、市は25日、候補地選定の参考資料とするために市民説明会などで行ったアンケートの結果を公表した。アンケートは、一部の結果に過ぎないが、それでも、方向性と課題を浮く彫りにする。今回はまさしく、その結果だ。

1. 結論
結論は、現在地での建て替え案を評価する意見が約6割を占め、プラザ萬象敷地内への移転案の約3割を大きく上回った。

2. 片寄った市民層でも課題が浮き彫りになった。

ただ、アンケート回答388人のうち、60歳以上が66%を占め、男性が79%。片寄った市民層の回答となっているが、今回のせつめいかいで注目すべき課題も浮き彫りになった。

3. エリア毎の支持が明確になった。

説明会は今月9〜19日に市内10カ所で行われ、計336人が参加。現在地案を推したのは221人(59%)で、現庁舎のある松原地区の説明会参加者では、9割近くを占めた。一方、移転案を評価したのは105人(28%)。プラザ萬象が立地する南地区で54%と多かった。

4. 重視する項目は利便性安全性

重視する項目については「利便性」(145人)が最多で、「安全性」(113人)、「発展性」(58人)と続いた。中心市街地の発展性よりも利便性と安全性が重要視していることが理解できる。

5. プラザ萬象敷地内への移転案の最大の課題は道路網

各説明会でも市民から寄せられた意見で、プラザ萬象周辺の国道8号線と北側道路の朝夕の混雑だ。市の説明の時差出勤ではとても対応仕切れない交通量があり、移転された場合、道路片側一車線では、渋滞は必至で最大の課題であると市民も認識していることだ。

6.最後に、

6月議会の補正予算に計上されるが、今後、市は9月中に候補地を選定する方針を明確にしており、7月に無作為抽出の市民3000人を対象としたアンケートも実施し、市民参加の選考委員会で候補地を絞るとしている。説明会の前の議会の特別委員会で、説明資料で道路網の弱点や検討不足を指摘したが、まさしく市民から同じ意見が説明会で出された。今回の説明会とアンケートは、反省点も多いが、ひとつの方向性と課題が浮き彫りになった点をあげれば大きな成果と評価したい。

繰り返しにもなるが、今回のアンケート結果は片寄った市民層の回答でもあるが、候補地の課題やひとつの方向性が明らかになった。関係者の昼夜を惜しんでのご苦労に敬意を表するともに、説明会とアンケートでひとつの方向性が明らかになった成果は大きいと評価したい。改めて足を運んでくれた市民にご苦労様と言いたい。

スポンサーサイト
【2017/05/27】 | ページトップ↑
日本遺産の敦賀市というがーー。
Date:2017-05-26(Fri)

心の健康として、いつも全力ではなく、肩の力を抜くすべも身に付けることと習ったことがあるとか。「五月病」と言われ、新たな環境に適応しようとして、この時期にストレスや疲労がたまる。


ところで、文化庁の日本遺産に、敦賀市など7道県11市町にまたがる「北前船寄港地・船主集落」が認定された。

日本遺産は有形、無形の文化財を観光資源として活用する制度。2015年度からこれまで229件の申請があり、40道府県の54件が認定されている。このうち、本年度は申請79件中、北前船を含む17件が認定された。喜ばしいことだがわかりにくいし、どんな効果があるか、との意見を頂いた。

制度の目的は、テーマを設けて歴史と文化をくくり、地域の魅力を発信して観光振興を図ろうというものだ。だが、制度の知名度が高いとはいえず、認定が観光客の増加に直結するわけではない。市民にもその意義と敦賀市が選定された意味合いを理解しているかたは少ないとも意見を頂いた。

北前船にまつわるストーリーは理解できるが、認定後の各自治体の取り組みが活性化の鍵を握ると思う。

北前船は江戸から明治期にかけて日本海などを往来し、物資に加えて文化を運び寄港地を繁栄させた。北海道から福井県、敦賀市までの11市町による共同申請は、広域連携による遺産の広がりや各自治体に往事の貴重な文化財が残っている点が評価された。それぞれに歴史的意義などはあるが、敦賀市単独で観光客を呼び込む力があるとはいえない。

北前船は各地に文化をもたらしただけに物語性は十分ある。敦賀市には全国でも珍しいたくさんの昆布かき職人の方がいて、ひとつの文化を形成している。これと南越前町の船主集落とタイアップすることで連携してストーリーに磨きをかけ、文化財間、自治体間の周遊を促すなどして誘客を図る必要がある。広くは函館から敦賀までの連携を構築していくことなど、連携とアピールが大きな課題だ。
【2017/05/26】 | ページトップ↑
コンビニは地域社会のバロメーター
Date :2017-05-25(Thr)

昨夜、カッターレース実行委員会終了後、最近、町内のリニューアルしたコンビニを訪れた。店の名前は変わったが、コンビニの品物の配置はほぼワンパターン。欲しいものはほぼ手にはいる。

ところで、昨年、芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの『コンビニ人間』は、サービス業の最先端で働く男女店員を活写している。現代の働き方がよく理解できる。

レジ打ち、掃除、物品の搬入、発注、伝票管理、おでんの用意、宅配便の受け付け、各種払い込み対応などを各自が立ち続けでこなし、客からは笑顔の応対と。機能や便利さが最優先の現代。都会も地方も同じマニュアルとか。全国一律のコンビニ、アルバイトの裏方はこんな日常を送る。

コンビニを例えるならスイスのアーミー・ナイフは15種の機能を1本のような存在。しばらくは続きそうだ。

豊かな自然に囲まれ、歴史が身近に息づく敦賀でコンビニの売り上げも原子力発電所の再稼働と密接に関係するとか。6年前といま、とは大きく違うと率直にあるコンビニの店主が語っていた。市外からの原子力発電所に働く作業員はコンビニほど便利な存在はない。

ところで、大飯原子力発電所3号機と4号機について、原子力規制委員会は、再稼働の前提になる新しい規制基準の審査に合格した。

全国の原子力発電所で6か所目で、今後も地元の同意などが必要で、関西電力が目指す再稼働は早くてことしの冬以降になると見込みとか。それでも対策工事などでおおい、高浜町のコンビニの売り上げは大きく増えているとか。嶺南はまさに西高東低。この地域の産業構造が再稼働に左右される。まコンビニはまさにこのちいきし社会のバロメーターだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まったく話は違うが、与謝野馨元財務相が亡くなった。日本原子力発電の大先輩でもある。2007年の第1次安倍内閣で官房長官を務めた後、福田内閣や麻生内閣で経済財政相や財務相、金融相を歴任した。10年に自民党を離党し、民主党政権でも経済財政担当相として入閣。国会での答弁にも信念が汲み取れた。

税制改革、特に消費税にこだわり、さきおくり、先送りで現在、ほんとに社会保障と財政再建は、危うい。いま、求められる政治家かもしれない。ご冥福を祈りたい。

ちなみに日本原子力発電では、当初技術部に配属され、後に外交官となる今井隆吉係長の薫陶を受け、英語専門文献の翻訳なども手がけたとか。当時を知る方はほとんどいないが、とにかく仕事のできる人だったとか。

【2017/05/25】 | ページトップ↑
議会報告会
Date :2017-05-25(Wed)

昨日は議会報告会。80名を超える参加者。試行錯誤しながら開催stうが、今年度も難しさを感じた。議員一人一人の意見が違いもある。執行権を持たない議員の受け答えも難しい。

市庁舎問題のご意見を頂いたがこれも難しい。

ところで、よく「チームワークを乱さないよう」。個より集団に重きを置くのが日本人の特徴とさ「忖度(そんたく)」は相手の気持ちを推し量る。

昨日も書いたが、今年の流行語大賞の筆頭か。ちなみに10年前は「KY」がノミネートされていた。

「空気が読めない」の頭文字だ。多くの場合、周りを気遣えないという軽い非難を含む大勢の思惑が混ざり合った「場の空気」を読むとは、その中のどれに従えば有利かを瞬時に判断する能力なのだろう。

目上の意向は特に尊重される。学校や職場で、人々が毎日それをやってのけているとは、考えてみれば驚きだ。

空気が読める人ほど、全身が触覚になったような重苦しさを感じているのかもしれない。空気を変えるのも勇気がいる。議会報告会後の反省会で昨夜も飲み過ぎた。






【2017/05/24】 | ページトップ↑
もんじゅ廃炉後のビジョン(拠点化と地域振興)
Date :2017-05-23(Tue)

もんじゅの廃炉を巡り、松野文部科学相が20日、福井県庁を訪れ、政府一体となった廃炉の実施体制案や今後の地域振興策の方向性を、知事と市長に説明。

知事と市長は廃炉体制についておおむね了承し、昨年12月の政府決定から約5カ月を経て廃炉手続きが進む。どうして、ここまで時間がかかったのだろうか。第一は「もんじゅの廃炉ありき」で物事が進んだことにある。


廃炉その後の高速炉開発、地域振興は一体だが、双方に明確なビジョンがないまま、手打ちなったように思う。政治の世界ではよくある話だが市民には理解しにくい。もんじゅ廃炉の影響は雇用や経済など30年かけたボディブローとなるだけに、国との交渉はビジョンがなによりも重要だ。

松野文科相は、もんじゅが立地する敦賀を今後の原子力研究や人材育成を支える拠点として整備する方針を示し、もんじゅ敷地内に新設する試験研究炉を中核的施設に位置付けるとした。しかし、研究炉はもんじゅとは比較にならないほど小規模だ。研究炉と国のエネルギー政策、まして高速炉開発とは違い、ただ、これも研究炉ありきの目先優先的な危うさを感じる。

試験研究炉は大学の研究者や企業技術者に研究ツールとして活用いただくものとし、5年後に詳細設計を進めるスケジュールを提示した。これも責任主体がどこか、なにが目的か、教育か研究か、ビジョンがないまま研究炉ありきで進んでいるように思う。

また、知事は、福井新聞によると「例えば大学誘致やLNGインフラ整備、地域振興の交付金」と踏み込んだ。ただ、大学誘致の具体策に欠け、LNGインフラについても用地、需要やロシアとの課題も多い。それだけに交渉にも具体的ビジョンが必要だ。

また、市長は周辺5市町との広域経済圏を目指す市のハーモニアスポリス構想について「具体的な振興策を十分協議していただきたい」と話した。これも時間軸の長さと水素社会形成もまだまだ課題だけに具体的ビジョンもってあたらないと、お茶を濁らされて終わるではすまない。

いずれにしても、原子力を中心に半世紀、歩んだ敦賀市だけに、本流を大事にしながら複合軸化にむけて自らのビジョンをもった交渉は欠かせない。


ところで、今年の流行語大賞で「忖度[そんたく]」がほぼこれで決まりではないか。辞書には「他人の心を推し量る」という意味しかない。推し量った上で何かを配慮するという意味では「斟酌」の方がふさわしい思う。

結論として、県と市、それに国ともんじゅ廃炉をめぐって、将来ビジョンの核がないだけそれぞれの担当者もまさに忖度「そんたく」の世界で動いているのではないか。それだけに、いま、大事な正念場になっている。

 
【2017/05/23】 | ページトップ↑
初夏の日差しと「ふくいスマートデコミッシング」
Date :2017-05-22(Mon)

一昨日、若狭町ツーデーマーチでいつもいいのは、田植えを終えた水田の風景が太陽を浴びて水面がキラキラして美しいことだ。ただ昨日は初夏の日差しはどこか酷しい日差しとなっていた。日中は30度近い夏日。

朝8時、晴明の朝市で23日開かれる議会報告会の宣伝ビラ配付から始めた。そして、きらめきみなと館の親子フェスティバルへ。海洋少年団の活動に参加。


そして、10時開催の県内の企業が廃炉技術を習得するための施設「ふくいスマートデコミッシング」の起工式へ。この時間になると日差しは一層、強くなった。

この施設は日本原子力研究開発機構が福井県や福井大学などと共同で約8億5000万円かけて櫛川の事業本部に整備。
この施設では新型転換炉「ふげん」の知見をもとに、「ふげん」で出た廃材を使い企業が専用の機器で解体作業を経験できるほか、仮想現実を使った炉内での作業も体験できる。今後、敦賀1号機や美浜1,2号機など、施設の運用は来年度からはじまる予定で県内企業の廃炉事業への新規参入が進むことが期待される。

昼下がりは、海洋少年団のカッターを川崎の岸壁におろした。来週より福岡で開催される全国大会に向け練習が始まる。午後5時頃になると、日差しは優しくなっていた。

ところで、もう時期プレ国体が始まる。一方、この夏、福島をはじめ宮城、山形の3県を主舞台に全国高校総合体育大会(インターハイ)が開かれる。連休で訪れたJR福島駅にはカウントダウンボードが立ち、開幕までの日数を液晶表示を刻んでいた。

制作したのは福島工業高校だ。高校スポーツの祭典を地元から盛り上げようと、一役買っている。県内の高校3年生は選手で出場する以外に運営係やボランティアも務めるという。2年前から準備を始めたと聞けば頭が下がる。

県内ではプレ国体準備が進む。県内では高校生がインターハイに向けた県予選がこれから本格化する。季節は初夏から真夏へーーー。


【2017/05/22】 | ページトップ↑
若狭町のツーデーマーチ
Date :2017-05-21(Sun)

昨日は夏日、暑かった。「第26回若狭・三方五湖ツーデーマーチ」(若狭町、には、5、10、20、40キロの4コースに全国から計2222人が参加し、その内の20キロに参加の一人になった。

この日の暑さに参加者は時折汗を拭いながらゴールを目指した。この日は日本遺産の鯖街道を通るコース。参加者らは途中、古い町並みが残る「熊川宿」や、名水百選の「瓜割(うりわり)の滝」を巡った。若狭町の職員、交通指導員、警察官と暑いなかで「ご苦労様」と、参加者から声が出る。

2日目の今日はラムサール条約登録湿地の三方五湖や、その周辺の山々の風景を楽しむことができるコースが用意されていた。二日目も参加したいが今日は親子フェスティバルなど行事が重なる。


参加費は2,200円と割高に思うが、各休憩所のもてなし、豚汁、パンケーキ、いもがしとそれぞれ食べている食べているだけで腹はふくれるし、各休憩所のボランティアとの会話も楽しく元気付けてくれる。敦賀マラソンで地元参加とはまた違う。

ただ、暑い日光、汗が吹き出る。各休憩所にも冷たいお茶、水のサービスもうれしい。日焼けもし、快い疲れ、しかし日頃の運動不足から筋肉痛だ。

つけ加えると、夜、西公民館であった西地区社会福祉協議会の参加後のビールがお預け、我慢我慢のビールがうまかった。


【2017/05/21】 | ページトップ↑
拉致・特定失踪者の支援組織「救う会福井」と「県特定失踪者の真相究明を願う会」を統合し、救う会に一本化をした。
Date :2017-05-20(Sat)


春から初夏、浦底に発電所のウグイスのなき方もうまくなった。また、敦賀の町を歩いていると、あちこちでツバメが飛び交い、巣作りから子育てと、季節は移る。

親、先生か昔、教えられたのは、ツバメは渡り鳥だから、色々な環境を察知するその鳥が、居心地の良い環境を選んで巣を作るわけだから、温度湿度的に考えてもいい家、もっと言えば縁起のいい家。ツバメの巣を壊してはたたりがあると。

たまにスズメの子を見かける。こちらも忙しい。だいたい5、6羽で群れている。春に生まれたばかりか、子スズメが親鳥と一緒に過ごすのはわずか10日ほどとか。あとは子スズメだけで自然に仲間をつくり親から離れていくとも教わった。

「自然の子離れと強制的に引き裂かれる人間世界とはまったく違う」と、拉致被害者の横田めぐみさんの両親が敦賀に来られた17年前、語っていた言葉だ。

ところで、昨夜は小浜市で北朝鮮による拉致・特定失踪者の支援組織「救う会福井」と「県特定失踪者の真相究明を願う会」を統合し、救う会に一本化をした。

新たな組織には関係市町、小浜市、若狭町、敦賀市、越前市の首長が顧問に就いた。

昨日も森本会長の挨拶であったが、「官民一体となった取り組みで拉致問題の早期解決を訴えていきたい」と。

拉致被害者の地村夫妻が帰国から15年を迎える今年11月か、12月には、集会を開き、風化しつつある世論の盛り上げを図る。その後、横田めぐみのお母さんは一度敦賀を訪れている。お父さんはもう、一緒に行動できる体力はない。
【2017/05/20】 | ページトップ↑
国も知事も政治的な動きは、ビジョンなき駆け引きだけが目につき始めている。
Date :2017-05-19(Fri)

昨日は高速増殖炉「もんじゅ」について、文部科学省と資源エネルギー庁の担当者が、敦賀市議会に対して、内閣官房副長官をトップとする省庁横断の廃炉推進チームを設置するなどとした体制案を説明。

1.内閣官房副長官をトップとする省庁横断のもんじゅ廃炉推進チームを設置すること
2.運営する日本原子力研究開発機構に廃炉事業に特化した部門を作ること、
など。

体制も重要だが、計画を示して早期に廃炉にうつすべきとも思う。もう現場では廃炉に向かって空気感は大きく動き出している。

下請け関連も含めて10年を考えると1000人とも言われる雇用を維持できるほどの力は廃炉にはない。燃料抜き取り終了など段階的に減っていくことは明らかで、知事など政治的な動きは、あまりにも遅く、駆け引きだけが目につき始めている。

これまで敦賀市がもんじゅで積み上げて来たエネルギー研究拠点化は、明らかにその中核を失い、将来展望が描けなくなっている。

昨年の国のもんじゅ廃炉ありきで始まった説明に、高速炉開発というビジョンもないこと対して、もんじゅ後の敦賀市への対応が明確でもなく、受けるたちばの知事も試験研究炉だけのビジョンがない状態が、今日の体制の話に終始しているのではないか。時間が解決するごとく、駆け引きの結末が、時間の経過と共にもんじゅ廃炉だけが進むのではとの危惧さえ抱いている。

また、昨日の説明にもあった敦賀1号廃炉に伴う国の支援事業である、ハーモニアスポリス構想の水素関連産業の振興で多様なエネルギーの供給都市としての地域活性化を探っている。しかし、支援という言葉はあるものの、全国の各自治体で競争するかように計画が乱立し始めている。何事もタイミングだが、時間が解決するがごとく流されてはいけない。
【2017/05/19】 | ページトップ↑
コンテンツツーリズム
Date :2017-05-18(Thr)

関西電力の高浜原子力発電所の4号機が昨日午後5時に再稼働した。1年3カ月ぶりに原子炉を起動した。22日に発電を開始予定。安全第一は当然だが、地域経済にとって、嶺南、福井県にとっても明るいニュースだ。

ところで、6,7年前か、BS番組の『吉田類の酒場放浪記』で一度、敦賀が放送されたことがある。駅前の酒場と敦賀酒造が放映された。テーマは芭蕉の「奥の細道」で、東北から北陸を巡る旅で福井県で唯一敦賀が選ばれた。

奥の細道の旅は、今も多くの人の心を引き付け旅情を誘う。当時東北や北陸を巡る約2500キロ、5カ月に及ぶ大旅行。敦賀での一句、

ふるき名の角鹿や恋し秋の月

いま、映画のロケ地巡り、大河ドラマ観光、アニメの聖地巡礼。近頃よく話題になる。そうした作品の中身、つまりコンテンツに関する観光を「コンテンツツーリズム」というそうだ。地域振興に生かそうとの動きがある。

古くは映画の「ローマの休日」のローマ、小津安二郎監督の「東京物語」の尾道と「晩春」は鎌倉へ、壺井栄作の「二十四の瞳」は小豆島へと。敦賀でも大河ドラマでの大谷吉継や金ヶ崎城などなど。

もっと古くは江戸時代の「東海道中膝栗毛」に出てくるお伊勢参りなど巡礼の旅。私のふるさとの金比羅さんもそのひとつ。

芭蕉の「奥の細道」を自分で辿る旅も、いわばコンテンツツーリズム、敦賀には芭蕉、大谷吉継、金ヶ崎の秀吉、信長、家康と、日本遺産の北前船などコンテンツは多い。なかでも芭蕉は最大級だ。



【2017/05/18】 | ページトップ↑
| ひとことトップ | 次ページ