FC2ブログ
昭和45年11月28日美浜1号機運転開始から40年・・・。
Date:2010-08-26(Thr)

 本日のラジオ深夜便でビートルズの最後のアルバム「アビイ・ロード」、「レット・イット・ビー」を懐かしく聴いてしまった。18.19歳の頃、深夜放送を聴きながら勉強といいたが、乗船実習のボンク(二段ベットの中)であったり、麻雀に熱中していた頃だ。

 ところで、やはり「思い出」という響きには夏が似合う。日常から解き放たれた時間と、それゆえに終幕の切なさが記憶に刻まれるか。季節も年齢もどうしても鮮明に記憶に残っている。「思い出」と言えば、「思い出のトランプ」、作家の向田邦子さん、四国の高松にいた頃、母が担任だけによく聞かされた。

 「思い出トランプ」の短編は、「昭和」の初期、向田さんが描く舞台は、濃密な昭和の空気をまとう。思い出が後の人生にもたらすものは、微妙なほろ苦さでもある。それもまた味わい深い。
またまた。書き出しが長くなった。

 昨日は、最長で50年間運転を続ける方針が示されている関西電力の美浜1号機について、美浜町が住民や専門家に依頼した委員会は、運転継続を認めてもよいとする見解で一致。

 今月11日には美浜町議会の運転継続と合わせて、明日、県原子力安全専門委員会が開かれ、最終判断となる。
美浜1号機は、昭和45年(1970)11月28日の運転開始だ。大阪万博、敦賀1号運転開始、ビートルズ解散と同じ年だ。昭和が最も元気な年だったかもしれない。

 その運転継続も最長50年の期限付き、向田さんが飛行機事故で亡くなったのは29年前の晩夏だった。その8月が終わろうとしている。
スポンサーサイト



【2010/08/26】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |