FC2ブログ
小沢前幹事長の代表選出馬
Date:2010-08-27(Fri)

暑い、一方でコウロギの鳴き声も大きくなってきた。確実に秋にむかっている。今日は「寅さんの日」という。渥美清さん演じる「フーテンの寅」が主役の映画「男はつらいよ」の第1作が、1969年8月27日に封切られたとか。

95年までの足かけ27年、シリーズ48作。寅さんの映画の誘致に力を入れた四国の年上の友人がいた。店一面に寅さんの写真が並んでいた。ローカル線の琴平電鉄の電車と瀬戸内の島の風景と日頃より熱く語り、その通りになった。寅さんと秋は似合う風景だ。

ところで、昨日の話題は、何といっても、民主党の小沢一郎前幹事長の代表選出馬表明。批判と期待が交錯。亀裂を懸念する声も出ていた。

市民からも「『政治とカネ』の問題を抱える小沢氏では、野党から追及されるのは目に見えている。世論も菅首相の続投を求める意見が多数だ」と菅首相支持派の弁。

一方、「未曾有の経済危機、ねじれ国会を打破できるのは小沢氏だけだ、『剛腕』への期待」「円高株安など経済は大変な時期だが、小沢氏の出馬表明は当然だ」などなどだ。。

市民と話をすると反応は冷ややか。「小沢氏が当選すれば、首相をころころ代えた自民党と同じ。見苦しい」と率直だ。

また、ある方は「小沢氏が出れば8割の支持者は離れる。『政治とカネ』の問題にケリを付けるのが先」と厳しい反応もあった。確かに一般の市民の見方はそうだろう。

話を戻すが、そろそろ赤トンボの季節が訪れる。寅さんの俳句に「赤とんぼじっとしたまま明日どうする」というのがある。羽を休めたトンボの「明日」を気にかける。寅さんの優しさが伝わってくる。民主党の代表選、首相を選び選挙だけに「明日」の日本をどうする、両者の政策をきいて判断したい。

ところで、赤トンボなどトンボが全国的に減っているとか。産卵場所である水田や湿地が開発などによって年々減っている。当然といえば当然だが、もともと少ない上に温暖化もあって将来、まったく見られなくなる可能性があるとの考察もあるとか。敦賀の中池見湿地の重要性は今後も高まる。
スポンサーサイト



【2010/08/27】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |