FC2ブログ
そろそろ選挙モードなってきた・・・・・
Date:2010-12-18(Sat)

全国学力テストでもだが、全国体力テストでも頂点に立った。まさに文武両道だ。敦賀っ子がどうかは不明だが、とにかく喜ばしいことだ。

とにもかくにも地道にやることが大事だ。私も運動、読書と地道に続けよう。結果は後からついてくる。歴史に「もし」は禁物という。「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」。略して「もしドラ」。発行部数が200万部を突破した。村上春樹さんの「1Q84BOOK3」などを抑え、年間ベストセラーの1位である。読むと面白い。つい一気に読んでしまった。

ドラッカーは「経営学の父」と呼ばれる学者で、「マネジメント」は企業経営の理念をまとめた代表的な著作だ。管理職のお父さんが読むようなビジネス書の古典を、女子高校生がひもとけば…。そんな設定で物語が展開される。主人公のみなみ、弱小チームが甲子園を目指すにはどうすればいいのか。「組織の目標を明確に」「人は最大の資産」「成功には準備が必要」。本の言葉をヒントにして部の改革に乗り出す。青春ドラマと教養書を合体させた印象で、確かに読みやすい。

私もそうだが、みんなが分かりやすい道しるべを探し求める。それほど生きにくい時代。菅政権の政治も小沢問題で迷走を続けている。今日は、民主党の福井県連の幹事会。統一地方選を控えているだけにどうなることか。

本題に入ると、議会の12月定例会は、補正予算案や総合計画の基本構想など、すべての議案を可決し、閉会した。本会議ではまた、TPP(環太平洋パートナーシップ協定の交渉に参加しないよう政府に求める意見書や原子力発電所の国からの電源立地交付金について維持を求める意見書など、いずれも可決。

定例会最後に、河瀬市長は、「厳しい時代だが市民の審判を仰ぎたい」と述べた。敦賀市長選挙という言葉は出さなかったが、事実上の立候補宣言。「荒波を乗り切る自信があるので・・・・」とも語った。敦賀市長選挙には、敦賀市議会議員の渕上隆信氏と敦賀短期大学教授の多仁照廣氏が立候補を表明。あともう一人と続く。そろそろ選挙モードなってきた。
スポンサーサイト



【2010/12/18】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |