FC2ブログ
未曾有の災害、輪番停電も始まった・・・。
Date:2011-03-14(Mon)

これほどの災害、未曾有という表現があう。日本がいま直面しているのは、世界最大級の災害だ。今後の痛みも、悲しみも、その大きさは計りしれない。市民生活にも大きな影響が出始めた。そのひとつが電力だ。

14日、本日朝、計画停電(輪番停電)を6時20分からはじめる。周知時間も少ない。まさに異常事態だ。東電への非難、不満も集中している。現代は、電気は、日常生活の基本だ。それがなくなることは、市民生活にそれぞれに支障がでる。戦前、戦中、戦後わずかな時期をのぞいてはじめての経験だ。が、これも現実だ。電力需要が供給を大幅に上回れば、電気の周波数が低下し、送電が不安定になる。

送電が不安定になれば、東京一円が大停電になる。電気の怖さは、予期せぬ停電だ。それを事前にそれを防止しようと措置だ。病院なども予想外の停電は許されない。いくら非常用電源があるといえども、電気がなければ、人工呼吸、透析など電気で動いているだけに停止は怖い。

地域のエリア全域停電のため、道路の場合によっては、信号機もなくなる。まさに安全・安心の肝心要が電気だ。それだけに批判や非難も多いが、やらざるを得ない措置だ。今も、東電のホームページはみるが、敦賀からはアクセスできない。それほど混乱しているようだ。

日本の電力供給の弱点は列島構造だ。縦長の列島のために、送電が緻密とはいえ、送電網は限られる。そのため、福井県の電力を直接、送電できない。しかし、電力量はわずかでも、中部電力などを通じて、この若狭からも可能となる。一人が少しの節電をするだけで、東京電力管内の方々に送電が可能となる。携帯の充電による情報入手、病院の医療機器がすくでも長く使えるなど、全国で協力し合うことも大事だ。

東日本大震災で、東電は福島第一、福島第二原子力発電所がすべて停止したのに加え、火力発電所も一時は7カ所が止まった。東電管内の、震災前は5200万キロワットだった供給力は14日には3100万キロワットに落ち込む。4割減だ。一方、14日の電力需要は月曜日で企業活動が再開することもあり、ピーク2時頃には、4100万キロワットになる見込み。約330万世帯分にあたる約1千万キロワットが不足する。

これは余談だが、電力の労働組合の戦後間もない頃、ストの手段として、電気をエリア毎に順次、停電をした。これを猫の目にように変えるから、「猫の目スト」と称した。まだ電気が生活にそれほど大きな存在でなかった時期だからできたストでもある。いまでは、考えられないことだが、当然、反発も大きく、昭和27年にはスト規制法が成立し、公務員と同様、一部に規制がある。原子力発電も同様だ。

壊滅に近い被害を受けた地域の様子が、時間をおってわかってきた。未曾有の大災害だ。万というオーダーの死者になりそうな災害だ。とにかく地獄だ。とはいっても、敦賀市内では、テレビ報道とは裏腹に、パチンコをはじめスーパーなど客でにぎあう。このギャップというか、幸せを不謹慎だが、何もない日常生活ほど大事なものはない。

14年前、阪神淡路大震災でも大阪市内では、パチンコ店など満員、一方、甲子園口に向う電車はリュックなど担ぎ、戦後すぐの様相と変わらない状況に変わった。逆に神戸のボランティアで疲れても大阪に行けば、そんな想いもあった。それが今回はエリアがあまりにも広範だ。その影響が電力だ。

各地の避難所には、きのう現在で三十数万人の人がおり、阪神大震災時のピークを超えた。福島原子力発電所の状況も予断を許さない。救援の拡大とともに、避難者数はさらに膨らみ、長期化するのは必至だ。救援物資――毛布など日常品、水、食料、医薬品、そして燃料が必要だ。福井県や敦賀市でも一部、始まった。現地でスーパーやコンビニが果たす役割は大きい。東京でもコンビニの売り上げがあがっているとか、電気店の電池、ラジオなどもう売り切れ製品が続出しているとか。市民は敏感だ。

いかに、日頃の非常時の備えが大事か、私も点検したい。義援金の窓口も設けられた。平和堂でもある団体が募金を行っていた。ボランティア元年といわれた神戸にはどこからとなく、市民ボランティアが現れた。日本も捨てたものではないと感じた。福井豪雨災害でも「どこからですか」聞くと「神戸から、震災の恩返しに」と20代の若者だった。幾多の災害を経験した私たちは、自助、共助社会は、まだまだ存在する。とにもかくにも日本の非常時だ。 敦賀市や市民の役割もまだまだある。選挙まじかで動きはとれないが、それでもできることはしたい。

スポンサーサイト



【2011/03/14】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |