FC2ブログ
原子力発電を政治の道具にすべきではない…
Date:2012-01-27(Fri)

雪がしんしんと降る風景もたまにはいい。昨日は早朝、恩師の葬儀で、敦賀駅から兵庫県芦屋駅。私の恩師の葬儀のためだ。昼はもどって福井市で原子力のシンポジウム。晴れと雪景色の両極端を車窓から感じた。

雪景色の美しさと裏腹に政治の政局が優先の醜さが目立つ。政党政治の限界とも言えるか。そんな疑念さえ頭をよぎる。野田首相が施政方針演説で野党に一体改革への協力を求めた。

「『決められない政治』からの脱却を目指す」「今こそ『政局』ではなく『大局』を見据えよう」。異論を挟む余地のない訴えだ。が、相手に響かなければ意味がない。政治が政局ばかりとなっている。

「原子力も政治の道具になり、政局にしている」との指摘が福井からあった。

その話を福井の国際交流会館のシンポジウムに進めると、「東日本大震災を教訓とし、改めて原子力発電に向き合うシンポジウム」と重い課題に福井県立大が挑戦した。

基調講演は、橘川武郎一橋大学大学院教授。はじめに「原子力を今の政治は政局の道具にしている」と指摘。その通りとも言える。

「原発停止によって電力供給不安が高まり、工場の海外移転が進むなど日本経済は厳しい局面にある」とした上で、

この空洞化という最悪の状況から脱却するためにも原発の危険性を最小化した上で定期検査を終えたものから再稼動する必要がある」と強調した。

さらに橘川教授は「福井県が今最も原発に厳しい姿勢で臨んでいる。東京から原子力を考えるのではなく、立地県で最大の福井が全国が注目する。福井目線、嶺南目線で訴え、考えていくべき」と話した。

橘川教授は「原子力は、バックエンド対策で限界をむかえ、過渡的なエネルギーととらえている」と持論も展開。

パネルディスカッションで野瀬豊高浜町長は「大きな産業のない町は原発の稼動と定期検査の需要が地域経済の大きな比重を占めている」と実状を説明し、

「過度に火力発電に依存すると日本の経済や社会システムが耐えられるのか疑問が残り、原発のリプレースが必要になる」と原発の必要性を強調。同感でもある。

エネルギー政策の動向は、国の将来を占うとも私は思う。政治の道具にすべきものでもなく、原子力発電を賛成、反対だけで論じるのではない。現実にある原子力発電とどう向き合うか、この重い課題を現場である嶺南、敦賀市から発信すべき時期を迎えている。
スポンサーサイト



【2012/01/27】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |