FC2ブログ
寒波の影響
Date:2012-02-11(Sat)

今年の強い寒波は、敦賀にはそれほどでもなかったが、次々日本列島を襲い、日本海沿岸地域に大雪をもたらしている。過去最高積雪深を記録する地域があり、雪処理に伴う死傷者も全国で1100人を超え、除雪費も嶺南では、昨年を上回り、生活全般に影響が出ている。

通勤や通学、買い物、先月末から続いているせいか、大野や勝山では、心身の疲れを訴える人も増えている。日本ばかりか、ヨーロッパでも東部から西部にかけて寒波が広がって死傷者が続出。日欧を襲っている寒波の発生地は極寒のシベリアで、偏西風の蛇行の変化が流れを変えているとか。

漁師に聞くと、海も例年になくあれているとか。この寒気に水蒸気と熱を供給している日本海も、漁船が出漁できず寒ブリ漁の水揚げが激減している。東北のタラも同じらしい。

タラは例年の3分の1、ブリは半分程度らしい。冬を代表する味覚のズワイガニは、漁獲高は変わらないが、安値が続いているとか。いずれにしても、原因は荒天に行き着く。

水揚げが減れば必然的に価格は上昇する。その結果、売れ行きは鈍化。そろそろ、九州、四国には、梅の話が届く。最高の贈り物は好天に尽きる。 

新聞報道によると、関西電力大飯3、4号機の再稼働に向けた国の審査が進む中、環境保護団体グリーンピース・ジャパンは、2月下旬から3月中旬の福井県議会の会期に合わせ、福井市内に活動拠点を開設すると明らかにした。

県議会会期(24日~3月16日)前の20日ごろから約1カ月間、市内に臨時の事務所を置き、現在は東京で活動している5~8人のスタッフが常駐するらしい。

先日も見た経済産業省前の騒動、都会で行うのはいいが、地元を騒動の場として全国に発信する狙いは、原子力発電所の再稼動問題だけに限らないことが多いだけに迷惑な話となる予感がする。真摯的に活動する事を望みたい。

スポンサーサイト



【2012/02/11】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |