FC2ブログ
笑顔で、楽しくが鉄則……
Date:2012-07-31(Tue)

夜空を見上げることが少なくなった。深夜、酔うほどに夜空を見あげる。ベガ、アルタイル、デネブの大三角に天の川、深夜でも敦賀は明かりが多く、雲が重なれば、なおさら難しくなる。それでも感無量でもある。

昨晩は還暦と退職を仲間が祝ってくれた。今日は東京へ、日本原子力発電の社員として最後の日となる。

月替われば、夏の夜空を彩る花火の季節の到来だ。16日には、松原の花火が楽しみとなる。

帰りのタクシーでロンドン五輪、初の金メダルの放送を聴いた。柔道女子は57キロ級、柔道界待望の金メダルを獲得。苦戦を続けながらようやく手にした金だけに、タクシーの運転手はハイテンション。

続いての男子柔道をテレビで観てしまった。銀だがこれはこれで立派だ。半分、寝ながらの体操の男子団体総合決勝。もめての判定、後味は悪いが、日本は2大会連続の銀メダルと表彰、バレーと半徹夜状態が続く。バレーは惜しかった。

バレーと同じように、初日から体操ニッポンが波乱の船出だっただけに、立派だ。男子団体予選で6種目中の前半3種目で内村航平など3人が計5度落ちた。決勝に予選の点数は関係なく、仕切り直しの一発勝負。ミスを引きずらない精神力が備わっているか。本物の力が試されての結果、五輪の魔物を振り切っての銀は見事だ。

ところで、夏は花火と踊りが私には懐かしい。四国は阿波踊りに尽きる。男と女で踊りが違う。どっちもつま先がポイント。とにかく、くたびれても苦しくても笑顔で楽しそうに、というのが鉄則だ。つらいときの過ごし方を踊りは、教える。

花火と踊り、さらに祭りは、地域の元気度を測るバロメーターでもある。今週は町内の祭り、16日の花火、来月の気比さん祭りと続く。それにロンドン五輪と楽しみが続く。夏の猛暑、つらい時、苦しいときは、昔から笑顔で、楽しくが鉄則と教える。
スポンサーサイト



【2012/07/31】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |