FC2ブログ
形相と笑顔
Date:2012-08-02(Thr)

昨日も暑かった。早朝、東京から敦賀へ。原電の敦賀発電所で所長から敦賀総合研修センターの嘱託の辞令を受け、午後、着任をした。勤務場所は五ヶ所目。サラリーマンとしてはこれが最後となるだろう。定年退職に伴う事務もほぼ終了した。私の人生の区切りでもあった。

ところで、ロンドン五輪もそれぞれが区切りを迎えている。それぞれに立派だ。水泳の北島さんもメダルにこそとどかなかったが、 「諒がをとってくれたので悔いはない」の言葉に尽きるだろう。立派だ。世代交替の瞬間かもしれない。

体操・個人総合で金メダルの内村さんの言葉が印象的だった。「日本チーム、国民の皆さんのために強い気持ちで演技した。金メダルは重たいし、一番輝いている。今も夢みたいで、ちょっと信じられない。これからも体操人生は続くので、演技で皆さんに恩返ししていきたい」

重圧を吹き飛ばしての笑顔がよかった。表情では、日頃は笑顔が「鬼の形相」に替わる。柔道の松本さんはすごかった。鬼気迫る、すさまじい執念が体全体からほとばしっていた。自らを鼓舞するために何度も顔をたたく。

初出場ながら、攻撃的な野性味あふれる戦いで「金の扉」を押し開け、攻め続けた者だけが頂点に立てることを身をもって体現した。

その鋭い目つきは、まるで獲物を狙うどう猛な野獣のよう。むき出しの闘志で重圧を跳ね飛ばした。世界をものにするにはそれだけの気迫が必要なのだろう。

リアルタイムで深夜に観るオリンピックは筋書きのないドラマだけに、価値がある。寝不足が続く…。
スポンサーサイト



【2012/08/02】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |