FC2ブログ
原発ゼロ政策の見直しを求める意見書を可決
Date:2012-09-21(Fri)

「演説も文章も短いほど良い」とされる。理由は、日本語が構造上、終結をずるずると後へ後へと引っ張っていく傾向をはらんでいるからだ、とか。なるほどと、思った。

だらだらと蛇足だらけの長文には、ずるずると問題を先送りする意図がみえみえということか。野田内閣の閣議の文章は、見事と言えるほど、役人文章だ。国の行く末、国民生活の安定を本当に考えた政策と思えないことは、これでも明白だ。

新エネルギー戦略では「原発ゼロ」に「2030年代」と「可能」を加え、「2030年代に原発稼働ゼロを可能とする」と着地点をぼやかす。一方、市議会での河瀬市長の「(エネルギー戦略は)無理だ」「見直しがあると思う」と明解だ。国策に協力し、市民生活がかかる大問題だからだ。真剣みが違う。

さらに、一昨日の閣議で、『関係自治体や国際社会などと責任ある議論を行い、国民の理解を得つつ、柔軟性を持って不断の検証と見直しを行いながら遂行する』と、ここまで来れば、わけわけわからん、と言うより、見事に戦略的文章だ。

それも、なんと戦略文書の本体を『参考』としてはぶき、この蛇足部だけを閣議決定した。私も含め国民は理解できる閣議決定とは思えない。

さて、敦賀市議会は昨日、詳しく言うと、この閣議決定の「参考」とした戦略的文書の内容の見直しを求める意見書を提出することを決めた。

意見書では国の新しいエネルギー戦略について、一昨日まで、閣議の「決定した」としていたところを「示した」と手直しした上で、

「原発の40年運転制限制を科学的な根拠に基づき原子炉ごとに判断すること」や「原発の新設や増設は工事の進捗状況など個別の事情に応じて判断すること」、それに「今回のような立地自治体などの理解を欠いた拙速な決定を行わないこと」など内容の見直しを求めた。

意見書は市議会本会議で21対2の賛成多数で可決した。27日にも関係省庁に直接、提出する予定だ。

蛇足だが、蛇には足はないが背骨がある。ところが、現政権の原発ゼロ政策は背骨なく、骨抜きとなったとも思える。これは言い過ぎか。文章は長くなってはいけない。
スポンサーサイト



【2012/09/21】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |