FC2ブログ
世界の王貞治さんと緊急雇用対策…
Date2013-03-05(Tue)

昨日は議会の予算決算常任委員会。補正予算の審査と市長が入って25年度予算の総括質疑。

午後2時前に総括質疑を中断して、世界の王貞治を待った。 15カ国・地域の子どもたちが参加する「世界少年野球大会」が8月に嶺南地域で開かれるのを前に、主催する世界少年野球推進財団理事長を務める王貞治さんが昨日、敦賀市役所を表敬訪問。

世界のホームランバッターだが、偉ぶらず、誠実に役目を果たす姿には誰もが心うたれる。明るい話題の少ない敦賀にあってスポーツ、野球の素晴らしさを教えてくれる。8月にも嶺南に数日、王さんは滞在するとか、楽しみにしたいイベントだ。

ところで、議会でも「アベノミクス」がよく出る。期待の高さが株価上昇に表れ、さらに支持率アップにつながる好循環を生んでいる。内閣の支持率も発足した昨年12月の6割から最近では7割を超えた。

施政方針演説で、安倍首相は、冒頭の王さんではないが、「世界一」を連呼し力強さをアピールした。世界最速のボブスレー用そり製作に取り組む中小企業経営者らの気概をたたえ「今こそ世界一を目指そう」。人さし指を立てて訴える姿、党は違うが確かに印象的だ。

ただ、この嶺南地域、敦賀市は、長期停止で、一生懸命働いても手取り収入は増えないし、意欲があっても仕事に就けない人が増えており、景気が良くなったという実感にはほど遠くなっている。

支持率の高さを期待をいかに早く実感に結びつけるかが問われる。今日5日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」。冬ごもりしていた虫が、陽気に誘われ這い出してくるころ。春の足どりはまだ弱々しいが、確実に近づいている。

景気の虫もようやく顔を出しかけている。上手に穴から導き出し、効果的な支援で成長を助けなければならない。敦賀市の補正予算、当初予算を通じての15ヶ月予算とする緊急雇用対策も盛られている。

余談になるが、昨夜は福井市で民主党福井県連の幹事会。冒頭、北陸新幹線の敦賀延伸、粟野のインターなどご尽力頂いた松宮前衆議に感謝と共に花束を渡し拍手で送った。最後に、参議院選挙の民主党候補の藤野さんを決め、頑張ろうでしめた。選挙で対立軸は、必ず必要。

いずれにしても、嶺南地域、敦賀の虫が寒風にびっくりして、再び地中深く潜り込ませてはならない。 
スポンサーサイト



【2013/03/05】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |