FC2ブログ
春の勢いはいい‥
Date:2013-04-18(Thr)

列島を桜前線が北上している。福島のしだれ桜の満開が先日、報じられた。春の勢いはいい。昼間の温度もここ数日、25度を越える。

他の東北の宮城県も山形県などようやく花の便りが届いた。どこも、いつもの年より早い春の訪れのようだ。北国では梅、桃、桜が一緒に咲くとか。敦賀では、考えられない。これも春のあり方だ。

ところで、敦賀市内の田んぼでは、田植えの準備も始まっている。それよりも早く、福井市内の田んぼでは、「早植え」と呼ばれる一足早いコシヒカリの田植えが始まったと、報じられた。

福井のJAでは、5月半ば以降に田植えをするコシヒカリの「遅植え」をすすめているが、植える時期を早めることで暑い時期をずらし、品質を高く保つ「早植え」を行って、収穫は8月下旬の予定とか。

とにもかくにも、春の勢いは速い。桜に話を戻すが、数ある花の中で、桜だけに「前線」の言葉が使われる。ソメイヨシノのDNAが正確に、それも正確に一斉に時を刻むからか。日本独特の感覚だろう。

既に桜が終わった市内では、ソメイヨシノは葉桜。一方で、ツツジやシャクナゲが見ごろを迎える。聞くと、こちらも平年より1週間ほど早いようだ。

早いところで、柳の木から無数の柳絮(りゅうじゅ)が風に舞い、漂っている。

私ごとで恐縮だが、昨年4月、真珠腫中耳炎で左耳の鼓膜と耳小骨を 取り替え、手術後、朝、歩くことを心掛け、気比の松原が、その大半だ。体の調子に合わせ、無理せずに歩くと、自動車目線、自転車目線とは違った、ゆったり目線で 春を感じている。

スポンサーサイト



【2013/04/18】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |