介護現場の雇用
Date:2013-06-02(Sun)

昨日は、中央小学校の体育大会から始めた。小学校の運動会は、練習のことぐらいで記憶がない。この頃は帰れば、草野球か、家ではマンガ。

テレビでは、古いが月光仮面と手塚治虫の「鉄腕アトム」。50年くらい前だから当然、白黒版。人間と同等の感情を持った少年ロボットの活躍を、テレビにかじりついて夢中で見ていた。

工場で、介護現場で、ロボット技術の進化は目覚ましい。ただ、値段が高いことと、技術的に今一つとかで、介護現場ではまだまだ導入は厳しい。

慢性的な人手不足に悩む介護や福祉の分野での人材を確保しようと、就職を希望する大学生などを対象にした面談会が福井市で開かれた。

先日も若い介護ヘルパーと話したが、仕事にやりがいと使命感をもって働いおり、就職希望の学生も多いとか。ただ、悩みは、やはり給与面での待遇。若いときはいいが、結婚、子育てとなると考えてしまうとか。

介護や福祉の有効求人倍率は、2倍を常に越えており、敦賀でも人手不足が続いている。この面談会は、22日にも敦賀市でも開かれる。

ところで、鉄腕アトムの主題歌は、「心やさしラララ科学の子」「心正しいラララ科学の子」「心はずむラララ科学の子」と繰り返し、最後は「みんなの友達鉄腕アトム」で終わる。介護の現場でもヘルパーとロボットが一緒に働く時代はいつくるだろうか。
スポンサーサイト
【2013/06/02】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |