FC2ブログ
拙速な活断層判断
Date:2013-06-08(Sat)

昨日に引き続いて、敦賀2号機の破砕帯問題化について原子力規制庁は、敦賀市の市民の代表者を集めた原子力懇談会に対し説明会を開催。

市議会とほぼ同様な「判断は拙速」「なぜ然るべき立場の人が説明に来ないのか」といった不満が相次いだ。

私は、仮定に仮定を重ねて、疑わしきは活断層とする判断に疑問を感じざるを得ない。データを積みげて活断層ではないとする結論が妥当と感じる。

昨日の出席した多くの市民からは「拙速な判断」と率直に語った。今回の説明会では、規制委員会と地元との溝は埋めるどころか、不信感と不満が残った説明であった。
スポンサーサイト



【2013/06/08】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |