FC2ブログ
逆境に身をさらしてこそ、将来がある。
Date:2013-06-26(Wed)

季節の動きは速い。今日の梅雨らしい雨模様。気が付くとこよみは夏至を過ぎて、夜明けが早く日暮れが遅い季節になっていた。

梅雨の花は雨や水の風景に良く映える。「あやめ」「かきつばた」は代表格。あちらこちら見慣れた「あじさい」が、この時期、美しくなる。

中心部の青から薄い外側の水色まで、花色が一枚一枚変化する様子を見るのは楽しい。それでも季節は速い。

ところで、ショックなことが多い。予想されたとはいえ都議選の結果を見ると民主党の惨敗は深刻だ。扇形に開いた議場の半分以上を超え、与党が議席の3分の2をうかがう投票結果には都民も驚いているのではないか。ただ、投票率は半分を切るのはいただけない。 

そんな中で、参議院議員選挙が来月4日に予定される公示まで、もう秒読み段階。

その参院選で「ネット選挙」が解禁され、ホームページやメール、ブログ、ツイッターなどを駆使し、政党の主張や候補者の生の声を有権者に直接届けられるようになる。

その半面、誰でも簡単に情報発信できるネットの世界では、候補者を毎日、どこでも見ることができる。言うまでもなく、橋下大阪市長のように、暴言、失言の類いは、選挙戦を変える。その後、ブログやツイッターで言い訳をしてもダメだった。

昔、田中角栄元首相は「個別訪問3万軒、辻説法5万回」と唱えた。地道に政治家として逆境に身をさらしてこそ、次があると先輩に教わった。 いずれにしても 「政治は結果」ではある。
スポンサーサイト



【2013/06/26】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |