FC2ブログ
投票率低下と嘆く前にやるべきこと
Date:2013-07-15(Mon)
昨日は、午前中、敦賀市の戦没者戦災死没者追悼式、午後はカッターレースの練習、父の墓参りのため金沢へ、その後、富山県滑川市での花火大会での旧友との会合と、あわただしく過ごしたが、これもまたよし。

ところで、その会合でも話題になったのが選挙の度に低下傾向が続く投票率。この数字を何とかして高めようとする努力もたゆまず続けられてきたが、今回もさらに低下の予想が高い。

ただ、今参院選の期日前投票は幸い滑り出し好調のようだ。解禁されたインターネットによる選挙運動は若者の政治への関心を高める狙いもある。

しかしネット利用で選挙運動は活発になっても、投票に結びつくか、政治の成熟度が高まるかどうか、心配でもある。

学生運動の花やかし頃、反体制的な運動にせよ、若者らが政治について、熱く語り、それが地方の高校にも伝わり、高校でも政治課題について議論していた覚えがある。

どんな社会にしたいかなど身近な視点で自由に議論するシンプルな集会も最近はほとんどない。

今参院選に向けてもネットを通じ参加を呼びかけ各地で開催しているという。確かに選挙戦術の都合で肝心の争点をぼかすことが多い。アベノミクスというが、どうも理解しにくく、株価、円安効果だけが先行していつように思う。

しかし、有権者も議論を通じ政治への感度を高めていれば、似たように聞こえる主張でも違いは少しずつ見えてくるのではないか。

政治家に熟議を求める以上、有権者の側も自分の考えを煮詰めておくことは重要。特に、原子力は敦賀市にとって、死活問題でもある。是か否ではなく、エネルギー政策の中で、どう位置付けるか、が、問題でその本質をしっかり論議することが大事だと思う。先週、敦賀で開かれた「浜野よしふみ」の集会で候補者がもっとも訴えたかったことと思う。

「敦賀2号の破砕帯問題も科学的データに基づき筋の通った審査をすべき」と浜野よしふみ候補は語った。政治の劣化を嘆く前に、期待と願いを込め、まだまだ、やるべきことはたくさんある。
スポンサーサイト



【2013/07/15】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |