災害の少ない敦賀、警報がおおかみ少年になっていないか。
Data:2013-09-05(Thr)

日本列島の気候は変わりつつあるのだろうか。昨日の雨で敦賀まつり最終日の中止。雨のふりかたも凄かった。

気象庁の異常気象分析検討会は、各地で猛暑や局地的な豪雨になった今年の夏を「異常気象」と位置付けた。埼玉、千葉の両県では竜巻が発生した。昨日も敦賀では竜巻注意報も何度も出された。おおかみ少年ぽくなっている。

地球温暖化が進行すると、竜巻の発生が増えるとする専門家の指摘がある。竜巻と異常気象の関連も注目される。竜巻は気象現象としてはかなり小さく、短時間で消滅するため予測が難しいという。

聞くと、発生しやすい状況で発表される「竜巻注意情報」の的中率は決して高くないのが現状だ。予測が難しいのは、局地的な豪雨も同様とか。

昨日の敦賀では、大雨、洪水に、土砂、それに竜巻と聞き慣れてしまった。まして土砂崩れといった被害は予測できない。

異常気象が増える中、自然災害に対して過去の経験が有効とはいえなくなっている。気象情報に注意しながら、自らを守る行動を取ることが大切だが、まだまだ、これだけ多くの警報が出されても、備える気持ちは少ない。

避難勧告、指示が、出ると違うのかもしれないが、昨日は祭の中止に関心が移り、まったくおおかみ少年状態だ。

いずれにしても、災害ともなれば、自分だけではなく、隣近所に手助けが必要な人がいないか、目配りも忘れてはならない。いざというとき、真っ先に隣近所が手を差し伸べ、支え合うことが貴重な命を救うことにつながる、と、まさに自助、共助、公助だ。
スポンサーサイト
【2013/09/05】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |