今日のトップニュースは消費税
Date:2013-10-01(Tue)

今日のトップニュースは、なんといっても消費税。買うなら今、売るなら今、住宅、リフォームと、この敦賀市も駆け込み需要が増えているのは確かだ。敦賀市の景気対策のリフォームの補助金も影響しているとか。

一方で、家の新築やリフォームなどをあえて、消費税値上げ後の4月後にしようという人もいるとか。増税前は駆け込み発注で仕事が多いため業者は強気に出るが、との深読みもあるとか。

この上、東京では「アベノミクス」や東京五輪の効果に期待が膨らむ。だが、地方では、それがただちに波及すると信じる人は少ない。逆に、消費税後の落ち込みを心配する。ここにも都会と地方の格差だ。

飲食店やガソリンスタンドも食材やガソリン価格がどんどん上がっている。これで増税。と不安な声もちまたには多い。

今の消費税が導入される当時、直間比率の見直しが盛んに言われた。日本は直接税の比率が高いので、間接税を増やし是正するのが急務だと。

しかし、導入された後は、それによって財政がどう改善されていない。サラリーマンの給与の税金部分は増える一方。

昨夜も、ある懇談会では「敦賀の景気、雇用をなんとか」「原子力発電所の再稼働」から「新幹線より病院、特養の充実」「国保、介護保険を安く」さらには「議員の数を減らせ」「議員の活動が見えない」と厳しいおしかりも受ける。ひとつ、ひとつ説明も最後は税金をどう使うか、市議会への市民の目も厳しい。

財政再建のため不可避とされる消費税率引き上げ。実行された場合、国民生活、市民生活と財政がどうなるのか、国会も市議会も大事になる。

ちなみに駆け込み需要のひとつに、若いカップルには、駆け込み婚もあるとか。年末から春まで忙しい結婚式場もあるとか。
しばらくは消費税と景気が話題の中心だろう。


スポンサーサイト
【2013/10/01】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |