伊豆大島の惨状と地球温暖化
Date:2013-10-17(Thr)

今日は朝から寒い。台風26号が寒さを連れてきたようだ。

台風26号の影響で荒れた越前海岸で昨日、岩場に打ち寄せる波が白く泡立つ「波の花」の現象が見られたとか。一足早い冬の風物詩だ。

とにかく、今年は異常なことが多すぎる。夏、熱中症で搬送された人は5万8千人を超え、過去最多だったと総務省消防庁から公表された。この夏は各地で最高気温の更新が伝えられたが、その厳しさの証しといえる。

その暑さの影響なのだろう。海水温が下がらず、台風が発生しやすい状況にあるのだという。そして、台風は日本列島めがけて次々とやってくる。また、台風27号が発生したとか。

台風26号、土砂崩れや倒木、家屋への浸水などが各地で相次ぎ、山の斜面が大規模に崩れるなどした伊豆大島での惨状。

そこでは家屋が土砂に押し流されたり倒壊したりといった被害が続出。死者と安否不明者は合わせて50人を超える事態となっている。被災された方にお見舞申し上げたい。

いずれにしても、厳しい現実だ。それにしても自然のたけだけしさに圧倒されることが増えている気がしてならない。

笙の川の水位も先の台風で記録上3メートルを超え、もう少しで決壊だった。こんなことはかつてなかった。決壊すれば被害の大きさは市街地だけに恐ろしい。市立敦賀病院など人命とも関係する。最優先の課題でもある。

いずれにしても、地球温暖化の影響が懸念されている。この猛威と隣り合わせということなのか。このまま地球の温度は上昇し続けるのか。それを防ぐ有効な手だては本当にあるのか。それとも、備えの規模や質を根本から見直す必要に迫られている、ということなのだろうか。

とにもかくにも、厳しい現実をしっかりと、受け止める覚悟と対策が必要なことは確かだ。
スポンサーサイト
【2013/10/17】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |