FC2ブログ
たかが自転車、されど自転車の道路交通法改正
Date:2013-12-03(Tue)

たかが自転車と、軽視されがちな存在、子どもから高齢者まで、手軽な交通手段として幅広く活用されている自転車だが、いざ事故を起こした際の破壊力は意外なほど大きい。

最近のロードバイクの自転車のスピードは坂道では時速40キロを超える。気持ちがいいが、一方で、競技中、身が露出しているだけに怪我も大きく、死亡事故もある。

また、実際の通勤通学で使われる自転車でも出合い頭に衝突、大けがや死亡に至る事故も増えており、自転車の事故を減らすには厳格なルールづくりが避けられない状況にあったと思う。

市内でも携帯を見ながらの中学、高校生の自転車の運転をよく見かけるようになった。それも路側帯を逆走も珍しくない。

改正道路交通法が1日、施行された。生活に密着した法律だけに、しっかりと変更点を知っておく必要がある。特に自転車に乗る人は私も含めてだが、要注意だ。

ポイントは路側帯を自転車で走る場合。これまでは道路の左右どちら側でも使えたが、今後は左に限定、違反して右側を走ると処罰の対象となる。

歩道がない場所で、車道の端に白線を引いて歩行者や自転車が通るスペースを確保したのが路側帯。確かに対向する自転車がすれ違うには狭く、事故防止のためには規制の強化も仕方ない。

また今回は自動車の無免許運転についても厳罰化が図られた。早速、第一号が報道されていた。

いずれにしても罰則によるムチで脅すだけでは効果は難しく、自転車については、日常的な存在だけに、学校での教育など、法律を守る大事さを教えること、大人も私も含め順法精神を改めて再認識したい。
スポンサーサイト



【2013/12/03】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |