黒田勘兵衛と敦賀
Date:2014-01-05(Sun)

今日からNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」が始まる。お隣の長浜市は昨年も早いころから「黒田勘兵衛」のノボリをたてて観光をアピールしていた。ところで、敦賀くも何度か、訪れている。

ある漫画にも信長と黒田勘兵衛が朝倉攻めで刀根坂で会話しているところが描かれていた。

官兵衛といえば豊臣秀吉の天下取りに欠くことのできない参謀だったが、その優秀さゆえに秀吉からは「次の天下を狙う男」とも警戒された。

NHKの予告をみていると、戦乱の世を終わらせた希代の天才軍師と呼ばれる黒田官兵衛。いつの世もナンバー2の処世術は難しい。

官兵衛は「人は殺すよりも使え」を信条にしたという。大河ドラマはあすから始まる。「八重の桜」は、後半、人気は今ひとつだったが、同志社大学に敦賀からもサンダーバードで通っていた方もいた。それぞれにどこかで通じるから面白い。

若手の実力派俳優としても活躍するV6のメンバーである岡田准一さんが演じる官兵衛の姿から現代人は何を学ぶのか。「永遠の0」の演技は、これまでの戦争映画になかった視点が描かれていた。いずれにいても、今年は目を離せない。

スポンサーサイト
【2014/01/05】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |