FC2ブログ
緩やかに回復しつつある__。
Date:2014-02-24(Mon)

昨日、南越前町南条へ4月の町会議員選挙に向けての事務所開きに合わせて自転車を走らせた。今庄では気温零度、敦賀に比べてグッと冷える。一方で梅のつぼみが ちゃんと準備している。春間近だ。

ソチオリンピックも今しがた閉会式を終えた。3議会はひとつの節目である。新年度予算案の審議に始まり、役所で言えば定年を迎えた職員が去る。巷では、今年もまた進学、就職、異動や転勤の季節がやってくる。敦賀市では最も人口減少が大きな季節でもある。

引っ越しのトラックや粗大ゴミも目立つようになる。今年はが消費税の引き上げで住宅のリフォームも増えている。

昨日の報道で、4月の消費税率の引き上げを前に新車や家電の駆け込み需要で個人消費が緩やかに持ち直していることから日銀福井事務所は、3か月ごとに示す景気判断を「揺るやかに回復しつつある」として、6年ぶりに「回復」という表現が盛り込まれた。

今後の見通しについて日銀福井事務所は、「国内需要の底堅さと海外経済の回復を背景に緩やかな回復基調が続くと考えられるが、長期間にわたって原子力発電所の稼働停止が続く嶺南地域の経済動向には引き続き注視する必要がある」とした。

ある市内の飲食店店主から「昨年2月より売上が上がった」とも。スーパーも「落ち込みがなくなった」と。それぞれに「これ以上、ひどくならない」とか。例年、2月は売上が低迷する。ただ、まだ定かではないが、それぞれに底打ちを感じている。

ところで、永平寺町の町長選挙は、昨日、投票が行われ、開票の結果、無所属の新人で41歳の元町議会議員の河合永充氏が、6156票対、5163票の接戦で初当選。71歳の現職を破った。ここにも新しい空気を感じる。

全体がそわそわした空気に包まれ、春の鼓動が聞こえる気がする。今週26日から議会、議案書を読む日々が続く。
スポンサーサイト



【2014/02/24】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |