日本の常識、世界の非常識
Date2014-04-05(Sat)

昔、竹村健一氏が流行らした言葉に「日本の常識、世界の非常識」を思い出した。

小学校の頃の給食の鯨肉はご馳走だった。我々世代には懐かしく、いまでは珍味となりつつある。その鯨肉の南極海での日本の調査捕鯨は国際捕鯨取り締まり条約に違反するとして、国際司法裁判所は中止するよう命じたられた。正直、悔しい思いだが、水産関係者は予想していたとか。

オーストラリアに対し「カンガルー肉を食う豪州が鯨肉を食う日本人を訴える資格はない」と、叫んでも、牛肉などが主な欧米諸国には理解されないことも確からしい。

かつて捕鯨を担った水産会社に勤めていた友人いわく「もう捕鯨の肉は、これだけ海外の牛肉が入る中で、日本人そのものが、鯨肉離れしており、採算が合わない事業になっている」とも。

「日本の伝統文化ともいえる沿岸捕鯨の和歌山県などは別としても、もう本格的な水産会社の捕鯨事業は終わった」とも。

さらに、国際司法裁の裁判で日本が当事者となったのは今回が初めてで、日本は負けた。オーストラリアの主張が一方的に通った。悔しいと思うが、意外にも事業者、関係者は冷静のようだ。

日本にとっては、ここにも「想定外」と新聞報道にあるが、業界は五分五分、いや敗訴濃厚と読んでいたとも。

ここにも日本の弱点が潜むような気がする。ただ、友人曰、「この分野においても、日本の発信力が日本はきわめて弱かった」とも。

ところで、2013年シーズンの越前がに漁は漁獲金額が18億6624万円となり、過去50年間で最高を記録したとの報道。雄のズワイが豊漁の割に価格が下がらなかった上に、雌のセイコは資源回復の取り組みとして漁期が短縮された影響で単価があがり、庶民には厳しかったが、長期戦略が成果をあげていることも確かだ。捕鯨、越前がに、いずれも貴重な教訓が含まれている。次はマグロにならないことを_。
スポンサーサイト
【2014/04/05】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |