舞鶴若狭自動車道の開通と夏型観光。
Date:2014-7-20(Sun)

今日は舞鶴若狭自動車道の全線開通。港では、敦賀港カッターレース。この時期、いよいよ夏本番。カッターレース会場から気比の松原が一望できる。浜茶屋も少なくなった。海水浴客もまばら。直射日光がガンにもつながるとか、時代の変化、考え方の変化は速い。

全国に目を向けると、甲子園を目指し高校野球県大会。甲子園の名勝負と言えば、オールドファンなら松山商業対三沢の死闘。これも変わるかもしれない。

延長戦で決着がつかず、再試合にもつれ込んだ死闘。この延長戦の形が変わるかもしれない。日本高校野球連盟が、延長戦に入ると塁上に走者を置いた状態でプレーを始める「タイブレーク方式」の導入について本格的に議論するという。

試合の早期決着を図ることで、選手のけがの防止や疲労の軽減につなげるのが狙いだ。ここでも大きな変化が生まれる。

話を戻すが、それでも、敦賀はいまだ夏型観光。この夏での観光客数は、一年を通して群を抜く。

舞鶴若狭自動車道の開通が、吉と出るか、これもこの敦賀、嶺南の知恵のみせどころ。
スポンサーサイト
【2014/07/20】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |