FC2ブログ
秋の交通安全運動初日の死亡事故三件
Date:2014-09-23(Tue)

昨年の台風18号は嶺南地域には土砂、洪水など様々な教訓を残してくれた。

北上を続ける台風16号は予報では急速に進路を東に変え、25日木曜日にかけて日本海に進み、その後、本州付近で温帯低気圧に変わる見込みですが大雨には警戒が必要とのこと。 備えあれば憂いなしだ。

21日から秋の交通安全県民運動が始まった日に、敦賀市で二人、舞鶴若狭自動車道で初の死亡事故と続いた。新聞報道を並べると、

21日午前1時50分ごろ、敦賀市羽織町の運送会社で乗用車とワゴン車が全焼し、乗用車の中から男性1人が死亡。

21日午前11時20分ごろ、敦賀市松島町2丁目の信号機のある県道交差点で、88歳の女性が市内の80歳の男性が運転する軽自動車にはねられた。

21日午後5時20分ごろ、舞鶴若狭自動車道で、乗用車が、二車線区間の追い越し車線から走行車線に戻りしばらく走行した後、ガードレールに激突。男性はは全身を強く打ち、死亡。

事故の原因はそれぞれ違うが、高齢者、飲酒、スピード、交差点とキーワードが並ぶ。

書きながら自らを注意、「今日もご安全に!」
スポンサーサイト



【2014/09/23】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |