西川知事の提案で始まった「ふるさと納税」の拡充
Date:201-12-25(Thr)

福井県の西川知事の提案で全国的に広まった制度がある。2008年の税制改正に盛り込まれた、いわゆる「ふるさと納税」だ。

その「ふるさと納税」が、来年度から、生まれ故郷など好きな地方自治体に寄付すると居住地で払う住民税と所得税が減る「ふるさと納税」を拡充するとか。

寄付のほぼ全額分の減税が受けられる寄付額を約2倍になり、5つの自治体までなら確定申告なしで自動的に減税されるしくみを始める。ふるさと納税を使う人の裾野を広げ、都市部から地方に税収が移るよう促すのが狙いとか。 

敦賀市では、「ふるさと納税」と同時に、敦賀を応援していただける「つるがふるさとサポーター」を募集している。

ホームページからひらうと、
サポーターの特典としては、
 (1) 世界に1つあなただけの、つるが ふるさとサポーターの認定証を交付します!
 (2) 「敦賀きらめき温泉 リラ・ポート」を割引料金(年4回)で利用できます! (併せて、ふるさと納税をしていただくと、年間何度でも割引料金で利用できます) 
 (3) 敦賀の魅力がいっぱい詰まった「ふるさとミニマガジン」をお送りします! 
 (4) 政策提言等を行っていただくと、敦賀の特産品等が抽選で当たります!

まだまだ浸透していない「ふるさと納税」。ふるさとへの貢献と、同時に意外にも多くの減税効果あるとすれば、来年度は全国的に広がりそうだ。
スポンサーサイト
【2014/12/25】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |