春は名のみの風の寒さや
Date:2015-02-14(Sat)

昨夜はある労働団体の遅い新年会、そのあと、20周年を迎えるカッターレースの実行委員会。終わって夜空を見上げるとひとつだけ星が出ている。ホントに強い寒気の影響で、雪による交通障害や電線などへの着雪、落雷や突風などになるのだろうか。

疑ってしまう夜空だ。帰って、自宅ではラジオを聞きながら、雑用をこなす。俗に言う「ながら族」という呼び名が定着し始めたころの世代でもある私だ。

勉強もラジオや音楽を聴きながらだった。「集中してやりなさい」。毎日のように親に叱られたが、習慣は抜けなかった。ちょうど深夜放送全盛の頃だ。「オールナイト日本」は、その頃の定番。

立春は過ぎたものの、季節は冬と春を行ったり来たり。ちょっと暖かい日があっても、すぐ逆戻りする。

日本気象協会の桜(ソメイヨシノ)開花予想第1弾によれば、今春の開花はおおむね平年並みとか。
春本番が待ち遠しいが、選挙のシーズンを迎える。市長選挙も候補者予定者がいれかわる。「変わりやすき」ではないが、まだまだ寒さが続く。

寒暖差が大きいと「冬バテ」になるとか、体調管理に気をつけなければ
スポンサーサイト
【2015/02/13】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |