FC2ブログ
敦賀の名が全国に届いた、感動する宣誓だった。
Date:2015-03-22(Sun)

昨日は、日差しの柔らかな「春」びより。市議の事務所開きも目にする。各地域で事務所がたち始めた。

「春」という漢字は地中に陽気がこもり、草木が生え出るさまを表す。木の芽が「張る」という意味もあるそうだ。

季節の歩みが少し早まったように感じる。昨日は昼夜の長さがほぼ同じ「春分」。日の丸国旗を掲げるお宅もある。

なによりも感動的なシーンがテレビから流れた。高校野球の宣誓で敦賀の名が全国に届いた。感動する宣誓だった。

「宣誓、高校野球の全国大会が始まって100年。戦争による中断や震災などいくつもの困難を乗り越えて今、多くの皆さんに支えられ大好きな野球ができることに感謝します。
(略)敦賀気比高等学校硬式野球部主将 篠原 涼 」

ジーンと来る言葉が並んだ。今までにない、堂々とした、歴史の重みを感じさせる宣誓。

今日から寒気が入るとか、暖気がせめぎ合い、人生も山あり谷あり、照る日、曇る日、嵐の日、いいときだけでもない。 

英国では「3月はライオンのようにやってきて子羊のように去る」とある。ライオンは怖いが過ぎ去ったときは、なんだとなる。

明日の気比の勝利も信じたい。
スポンサーサイト



【2015/03/22】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |