県議選始まる。と同時に満開も近いー。
Date:2015-04-04(Sat)

春の雨は冷たい。県議選も始まった。昼から雨に選挙カーに降られた。糀谷県議の事務所にいて、初日はいつも緊張から始まる。この緊張と自然の暖かさ、そして冷たい雨と複雑さがまたいい。

ところで、中学時代からの愛読書に作家の北杜夫のどくとるマンボ~シリーズがある。なかでも「どくとるマンボウ昆虫記」は、ぴったりと、当時、心に響いた。

北杜夫さんの昆虫が大好きだった自身の少年時代、素朴に追いかけるトンボ、蝶々と、子どもたちが何かを追いかける姿は、自然、そのもの、これはとんとご無沙汰だが、まぶしい。

敦賀気比も夏に向けて練習を再開。これもまぶしい。そろそろ、つばめがくる。東京ではもう訪れているとか。ある軒下にツバメの巣がある。空を旋回する姿に、これもまぶしい。

男性の洋装の礼服を燕尾服(えんびふく)というが、まさにつばめは燕(ツバクロ)と母から教わった。

二つに割れた尾とつやつやとした羽が舞うのも近い。野坂山では「春告鳥」と、ウグイスが見事に鳴く。これもまぶしい。だ街を選挙カー、笙の川沿いの桜の満開も近い。

南から帰るツバメももうすぐ帰る。こんな自然を感じる春がほしいが、今年は花見は二の次、それでも自然は流れる。余裕もなく自分の選挙も近い。
スポンサーサイト
【2015/04/04】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |