信なくば立たず(孔子)
Date:2015-07-17(Fri)

敦賀港カッターレースは、敦賀市はもちろん、各企業、市民の協力で成り立っている。準備から練習、本番のテレビ、ラジオ中継、賞品と、大半を市民の協力によるものだ。

関係者の協力にあらためて敬意を表したい。川崎岸壁の台船、釣り船の移動もそのひとつだ。台風で安全最優先、それでもカッターレースにも協力と難しい選択をしてくれている。本番の当日まで、それぞれの協力に感謝したい。

ところで、今日は、小泉純一郎元首相が好んで口にした「信なくば立たず」の言葉をあげたい。語源は言うまでもなく『論語』。

為政者の心構えとして「食(生活)の安定と十分な軍備、そして政権への信頼」を挙げ、やむを得ず捨てる場合は、まず「軍備」だとする。次は「食」との孔子の教えだ。

その理由を問われて、孔子曰く、「食料がなければ人は死ぬが、昔から誰にも死はある。人民は信頼がなければ安定しない(民無信不立)」と語ったと。

もうひとつは、今の痛みに耐え明日をよくするために、現在の日本に必要なのは、この「米百俵の精神」であると。

二つの言葉は、なぜか、最近の政治家の言葉として印象に残っている。
一方、安部首相も安保法制の記者会見で「信なくば立たず」と強調してる。巧みな言葉遣いや自信に満ちた言い回しをよく聞く。しかしその実はどうか。政治の言葉が上辺だけになれば、信頼はやがて失われる。

賛否が分かれ、各種世論調査では反対の声が強いまま委員会採決に突き進んだ安保法案。

かつて消費税率の2%上乗せ時期を先にずらす判断と、憲法解釈を変えて自衛隊の活動範囲を大幅に広げるのと、重大さの度合いの判断基準は違うが、憲法解釈は、理解不足の一般国民ではなく、時の政権に任せろ、という姿勢に私は疑問が残る。

税制は「国民生活に大きな影響を与える」との理屈で、消費税再引き上げの先送りを問う形で衆院を解散した。そして多数の議席を得ての国会、上手いと言えば、上手い。まさに「信なくば立たず」を逆手にとっている。

いずれにしても、政治家の言葉が軽い、と思うのは私だけだろうか。渕上市長の「敦賀再生」も9月議会までには重みを持った具体的な言葉を伺いたい。
スポンサーサイト
【2015/07/17】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |