季節の変わり目、人生の変わり目
Date:2015-08-23(Sun)

立秋を過ぎたが、まだ暑さが続くが、夜になると、ひんやりとした冷気を感じるようになった。思わず窓を閉じる。

季節の変わり目、夏の疲れが出てくる。体調管理に気を配りたい。敦賀の子どもたちにとっては、楽しかった夏休みも今日で終わる。明日から学校だ。

全国各地で厳しい猛暑が続いた今年の夏は、戦後70年という節目の夏だった。その夏も終わろうとしている。

ところで、昨日は大学時代の寮、それも同じ部屋で一時期を過ごした6人での同窓会。ほぼ40年ぶりの再会だ。

同窓と言っても学年は違う。商船大学独特の寮制度で一年から四年までの4人が同じ部屋で過ごしただけに、すぐにタイムスリップできる。

体型、頭もずいぶんと変わった。その寮も残るものの、4人部屋から個室へ。男子寮から男女共同へ。大学の名も商船大学から神戸大への寮と。月日の流れは速い。

神戸の町並みも震災を経て大きく変わった。地震に強い街並みへの変貌だ。

話を戻すが、夏の暑さが衰え、秋になって感じる新鮮な冷気。今は、夏の空気と秋の空気が交差する、そんな時期か。今日23日は二十四節気の一つ「処暑」とか。

「処」は収まるの意とかで、暑さが一段落するころ。刺すように肌に痛かった日差しは、だんだん穏やかに、優しくなってきた。熱気、湿気を含んでいた風に、夜はどことなく秋風。人生にも四季を感じた昨夜だった。 
スポンサーサイト
【2015/08/23】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |