FC2ブログ
お雑煮文化と地域の個性
Date:2015-12-30(Wdd)

もうあと2日。迎春準備に忙しい年の暮れ。おせち料理をつくる家庭が減り、デパートや仕出し料理店などから注文する家庭が増えたことは時代の流れか。和風のほか洋風や中華のおせちも登場し、通販で購入する家庭もある。元日からスーパーが営業するところも
あるとか。正月の風景は随分と変わった。

変わらないのが、各地域で食べられている雑煮文化だ。農林水産省のホームページに載っている雑煮文化圏マップによると、東日本はおおむね「角もちすまし」、関西地方は「丸もち白みそ」、西日本は「丸もちすまし」に分けられるとか。

私の父は金沢、母は東京、私が育ったのは讃岐、香川県。流れ者家族らしく、正月3日、それぞれの雑煮を楽しむことができた。

餅の形、具で違いがあります。金沢は、すまし汁の中に煮た角餅を入れ、せりを添えるといったシンプルなお雑煮が、三日目。多いようです。東京風雑煮も焼いた角もちにすまし汁が二日目。元旦は讃岐風雑煮、煮干しと白味噌の汁に、大根、にんじんなどを入れ、丸もちを入れて食すお雑煮。もちの中にあんこが入っているのが特徴。今でいうスイーツかもしれない。大根、ニンジンはすべて丸、円満に丸くおさまりますようにと、讃岐人の気質が伝わる。
 味噌に白味噌を使うのは一説によると保元の乱に敗れ讃岐に流された崇徳上皇のもとへ、京から行き来する人々によって京都から伝えられたとか。流刑の島国、四国ならでは文化と中学生で教わった。もちの中にあんを入れるのは江戸時代、「讃岐三白(塩、砂糖、木綿)」と呼ばれた名産品の砂糖を、正月くらいは贅沢品を食べたいと庶民願望とか。私が知る限り、めっちゃ甘い。甘党にはおすすめのお雑煮だ。
 

敦賀も確か、丸餅を白味噌で少し煮込んでトロトロになったところにかつおぶし(薄くふわっと削ったもの)をたっぷりかけて、これが敦賀のお雑煮と言われ食べたことがある。白味噌と丸もちは讃岐とおなじ甘さ。

いずれにしても雑煮はもともと農耕民族の日本人が神様にささげる供物で、その土地の最上の食材を使う。各地域や各家庭独自の具材、味があり、一つとして同じ雑煮はないという。地域や家庭の個性が光る食文化と感じる。

本格的に動きだす北陸新幹線の工事、その受け皿など地域の個性をいかに引き出すかが鍵を握る年になりそうだ。。
スポンサーサイト



【2015/12/30】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |