自動運転
Date:2016-03-06(Sun)

昨日は啓蟄(けいちつ)。暖かくなって冬眠していた虫が穴から出てくる時候を指す。昼間の温度は20度を超えていた。野坂山の雪解けも進むだろう。春めいてくると車で足を延ばしてみたくなる。

そんな土曜日と今日、野坂山の少年の家で海洋少年団の合宿で2日間過ごす。ちょっぴり寒い。
ところで、最近、敦賀では火事や交通事故が多い。車といえば完全自動運転の技術が進む。米グーグルが開発する自動運転車の人工知能(AI)を「運転手とみなす」との見解を先月、米当局が示したとか。

本当に大丈夫か。実用化へ前進したと見る向きもある。だが事故が起きたら誰が責任を負うのか、保険はどうなるのかなど課題はまだ多い。

自動運転は安全だという。大阪では先週、意識を失ったらしい男性の車が暴走し11人が死傷した。ブレーキとアクセルの踏み間違いも相次ぐ。そんな事故は減りそうだが、AIなら本当に安心なのか。過疎や高齢化が進む地方には自動走行のバスやタクシーが待ち遠しい。乗客が減る公共交通に代わって不便な集落を巡り、住民の足になるかもしれない。

今、敦賀市役所で、コミュニティバスの検討、デマンド交通などいろんな運行形態を考えている。近未来、無人のバスも登場するかもしれない。いずれにしても、もうそこまでの近未来社会とか。。
スポンサーサイト
【2016/03/06】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |