専門的知見に基づく妥当な判断
Date:2016-04-07(Thr)

鹿児島県の川内原子力発電所1号機と2号機の運転停止を求める仮処分について、高浜の仮処分とは逆の決定が出された。

地裁では裁判官によって決定が変わることが続く中、今回、高裁において客観的な判断がなされ、原子力発電所の継続運転を認めたことについては評価したい。今後の高浜への高裁などへの妥当な判断につながればと思う。

福岡高等裁判所宮崎支部は「原子力規制委員会の安全性の判断が不合理とは言えない」として、住民の訴えを退けたことは大きい。

決定は、福島事故後に原子力規制委員会が定めた新規制基準について、「最新の科学的、技術的知見を踏まえている」と評価した。「耐震安全性の確保という点で極めて高度な合理性を有している」との見解も示した。妥当な判断だ。
伊方原発訴訟で、専門的知見に基づく行政の判断を尊重した1992年の最高裁判決に沿った考え方だ。妥当な結論である。

仮処分の効力は直ちに生じるため、差し止めが認められると、国のエネルギー政策は混乱してい。全国でこのことがまかり通れば、電気の安定供給はもちろん、現在も高浜町内の景気、雇用にも影響している。さらに、電力会社の経営を圧迫し、電気料金の値上げにもつながる。

今回の決定を不服として、九州の住民側は最高裁の判断を求める許可抗告などを検討するという。最高裁で審理されることになれば、その判断が、大きな節目となる。伊方原子力発電所で示した最高裁の的確な判断で地裁での逆判断が出ないように期待したい。


 
スポンサーサイト
【2016/04/07】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |