チェルノブイリ事故から30年
Date:2016-04-26(Thr)

昨日の早朝、黄砂がでたせいか、どこか黄色びいた朝もやに包まれていた。雰囲気は微妙だが、車にもうっそらと黄砂がくっつく。地球的規模での自然現象だ。

ところで、旧ソ連で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故から今日26日でちょうど30年になった。国際社会で最初のチェルノブイリ事故の放射能の検出はスウエーデンのフォシュマルク原子力発電所だった。この事故は世界に衝撃を与えた。
チェルノブイリ周辺は、いまだに立ち入り制限区域が敷かれている。傷痕は消えない。そんな中でいつ終わるか分からない廃炉作業が続く。

30年たった現在を見つめることは、東京電力福島第1の廃炉の今後を探り、今後の行方を考える上で欠かせない。
チェルノブイリの事故機は試験運転中に暴発した。旧ソ連や欧州など広い範囲を放射能で汚染。放射性物質は福井本を含む日本列島各地でも検出された。
 
今、放射能漏れを防ぐため、コンクリート製シェルター「石棺」が事故機を覆う。しかし老朽化が著しく、さらに金属製シェルターで石棺ごと封印する予定だ。だが、それは、本格的な廃炉作業の始まりにすぎない。

封印後、クレーンやアームを使った遠隔操作で数十年かけて解体する。難しい作業だ。核燃料を取り出して安全に保管する技術の開発も課題。事故処理完了には100年以上かかる見通しだ。

チェルノブイリは結果的にソ連の崩壊のひとつの要因でもあった。チェルノブイリ発電所はウクライナにあり、首都キエフから車で3時間以上にかかる。私は事故から10年経過した頃に3度訪れている。発電所の上層部はロシア幹部が握り、ウクライナ国民の大半は作業員として働いていた。

事故後、できた町、スラブヂチの居酒屋で知り合ったウクライナの作業員と10年ほど文通が続いたが、ロシアに対するウクライナ国民の反発は相当なものがあった。その後の紛争を考えれば理解できることでもある。

当時、「社会主義の特殊な炉ゆえの事故」「日本の炉では起こりえない」と不安を打ち消した。チェルノブイリ発電所の炉型の違いや技術的欠点はあるにせよ、福島の事故を考えれば、謙虚に向き合うことも、推進の立場でも必要にあったように思う。風評被害や事故後の周辺の放射能の環境など核燃料の回収など極めて難しい課題が待ち受けるなど、共通点は多い。

チェルノブイリの事故、福島の事故を謙虚に受け止め、原子力発電所を再稼働、建設、運転と利用していく上で、チェルノブイリ事故30年、その後も含め、その教訓は忘れてならない。
スポンサーサイト
【2016/04/26】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |