夏本番、クマの注意。
Date:2016-07-03(Sun)

昨日は暑かった。外気温度35度。もう真夏だ。昨夜は月末敦賀で開催される海洋少年団の中部大会の準備で夜11時を回った。7月末、まだまだあつくなるだろう。暑くなるだろう。

ところで、敦賀市の山間部でクマの目撃情報が出されれている。敦賀市は三方山で囲まれ、西浦でもクマの目撃情報がある。

秋田県のヒトを食う熊で犠牲者が立て続けにでた。

報道で捕獲され、おりの中で体当たりして脱出を試みるクマ。体は大きくなくても恐ろしいほどの力、時速40キロで走るというから、逃げられない。

鈴をならしての対処の方法が伝えられるものの、それでも襲われる例も出てきた。クマに遭遇しても足がすくんで冷静に行動するのは難しい。

日本の国土の約4割に生息するといわれるクマ。里山の手入れが行き届かなくなり、人の暮らしの場との境目がなくなっているという。人里に下りてこないようにするのは一朝一夕にはいかない。テレビでは、臆病とされるクマも人と出合うことなど望んではいまい。

話は変わるが、熊本地震で活動を自粛していた熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」は活動を再開し、大活躍しているようだ。愛らしいくまモンとは違う本物のクマ。まずクマに出合わないために注意も必要なようだ。

7月は海の日、8月11日は山の日、いずれも最近、もうけられた休日、山、海の季節。一方で高齢者、子供は熱中症の注意、
そしてクマも。
スポンサーサイト
【2016/07/03】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |