小春日和に、スーパームーンに
Date:2016-11-14(Mon)

昨日も秋晴れ、小春日和の日曜日。思い思いに休日を楽しんでいた。我が町内も「町民のつどい」を開いた。

中央町会館で一般的な子供会、壮年会、老人会、婦人会、まつり委員会、福祉委員会とそれぞれもちよりの手作りの集い。最後は敦賀出身の歌手?岩崎きょうこ恭子さんの歌謡ショウ、これも楽しい。穏やかな日の町民の集いも思い出に残る。

 暦にほぼ合わせるかのように、今月7日の「立冬」、このところ風も強く気温も下がっ。先月の平均気温は平年より低めに推移し、高温気味だった9月から一気に冷え込んだという。あっという間に秋が深まり、桜の紅葉が見頃だ。冬を迎えた感覚だ。

湯豆腐も味わったが、熱燗もうまい。温かいものがさらに恋しくなる。カニも解禁し、今年も残り1カ月半ほど。暗い話題も多かったが明るい話題もあった。個人的には体のトラブルもあって、寒さでこわばりがちな体を動かすには、まだ、それほど寒くない。昨日の木幡は絶好だ。夕方、自転車を走らせても気持ちがいい。

ところで、今晩は「スーパームーン」。どうも雨模様で見られそうもない。晴れであれば月が地球に最も近付き、ひときわ大きく明るい満月が見えるはずで、これだけの大きさは68年ぶりとか。

次の機会は18年後とか。天文学がなかった頃は、輝きを見て、その神秘の力で思いを受け止めていたのか、想像するほどの現代でもないが、少しでも明るさを思うようにしたい。
スポンサーサイト
【2016/11/14】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |