Date :2017-03-13(Mon)

土日は天気がよかった。町内会、行事、研修と、あちこち行くと久しぶりに会う方も多い。話をするなかで、75歳を超える方にとって今回の道交法改正は相当なストレスのようだ。敦賀市のコミュニティバスがあっても、乗り慣れた車は手はなせない。通院など、なくてはならないようになっている。

ところで、昨日から改正道交法がスタートした。今回の特徴は75歳以上の人の認知症対策を強化したこと。これまで免許更新時に行われていた認知機能検査だが、これが特定の違反をすると「臨時認知機能検査」を受けることになる。

特定の違反とは、信号無視とか指定場所一時不停止など認知機能が低下すると起こしやすい違反ということで、全部で18項目。検査結果によって講習や医師の診断が必要で、通知から1カ月以内に対応しないと免許取り消しや停止の対象になるという。

ペダルの踏み間違いなど高齢者に多い事故の未然防止が目的。ならば踏み間違えのないマニュアル車にして運転をとも思うが、まだまだ時間はありそうだが、とはいっても時間は速い。
スポンサーサイト
【2017/03/13】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |