「キッズパークつるが」滑り出し好調と「すまいるカード」
Date :2017-04-16(Sun)

昨日は久しぶりに琵琶湖の東岸を自転車で走った。奥琵琶湖から琵琶湖東岸はちょうど桜が満開だ。時折の雨と暖かいとはいえ、まだ風は冷たい。昼は西婦人会の総会、夜は中央町の総会と続いた。

西婦人会総会の市長挨拶でアクアトムの1階に本市が整備を進めてきた「キッズパークつるが」の話があり、土日800人、平日200人の利用があるとの報告があった。

天候や季節を問わずファミリー層を中心に楽しんでいただける、中心市街地の拠点として、3月26日にオープンし、好調の滑り出しだ。

市民から「すまいるカード」の適用の要望がたった。すまいるFカードとは、県の事業で社会全体で子育てを応援し、子育てにやさしい地域社会づくりを目指して、18歳未満のお子さんを3人以上お持ちの子育て家庭を、県内の協賛企業が応援する事業。

協賛企業(店舗)では、それぞれに割引・特典などを設定し、「すまいるFカード」を提示することで、割引・特典を受けることができる。ちなみに昨日、リニューアルオープンしたおおい町特産のきのこをテーマにした観光施設「きのこの森」の利用は可能だ。

「きのこの森」は、おおい町特産のきのこを県内外に発信する町の観光施設で、県とともに2億2千万円余りをかけ再整備した。このうち、家やクレーン車などを自分の好きな色で塗ってスキャナーで取り込むと、高さ3メートル幅14メートルの大きさのスクリーンに映し出された絵が動き出す「体験型映像システム」がが目玉とか。

ところで、今が旬のタケノコが食品スーパーの店頭に並び始めた。タケノコの漢字には旬が入る通り、季節を感じさせる代表格だ。確か俳句でタケノコの季語は春と思いやすいが、夏が正解とか。

ちなみに「竹の秋」は春だという。竹はタケノコに栄養分を回すので葉が黄色になるからだそうだ。葉が青々とする「竹の春」は秋。と俳句の専門家に伺ったことがある。能書きよりもタケノコご飯はうまい。桜も散り始め、春本番だ。








スポンサーサイト
【2017/04/16】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |