学芸員の重要性
Date :2017-04-19(Wed)

市立博物館の学芸員の深い知識や深い地元愛にいつも敬服する。先日も改修された博物館を勉強させてもらった。大和田銀行の奥の深さを学芸員の知識で知ることができた。

学芸員は博物館法に定められた専門職で、歴史や民俗、芸術、自然科学分野の資料の収集と保管、展示、調査研究を主な仕事とする。

その学芸員を「がん」呼ばわりした山本地方創生担当相が発言の撤回と謝罪に追い込まれた。けしからん一言だ。昨日の福井新聞の論説の通りだ。

また、NHK総合テレビで土曜夜放送の「ブラタモリ」を見ていて感心するのが、案内役として登場する学芸員の豊かな知識と熱い語り口だ。

文化財を良好な状態で後世に伝える役目を負っている学芸員は、価値を損なわずにどうやって活用するか常に頭を悩ませている。

敦賀の学芸員も研究によって体系的に位置付けた上で、保存のルールに従って展示、保存そして市民や観光客にどう説明するか、日々、悩んでいるのではないか。見せるための工夫も凝らしている。何度か説明を伺っているが頭はかなり柔らかいとみた。

敦賀市も「ブラタモリ」に出したい学芸員ばかりだ。学芸員と観光も切っても切れない重要な要素だ。
スポンサーサイト
【2017/04/19】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |