春バテ、夏バテ、秋バテそれに温暖化
Date :2017-06-04(Sun)

6月になって日差しが強い。それに気温も高い。福島は日差しはつよいが気温は低い。それでも暑かった。

もう夏日の連続だ。「春バテ」という言葉があるそうだ。寒暖差や気圧差、年度替わりの変化によるストレスに関係するとみられる春の不調が「春バテ」とか。

だるさや肩こり、憂鬱感を感じる人が増えているとも。今年は「春バテ」が長引き、調子が思わしくない人も多いとも。

季節の変わり目は誰しも疲れがちで、梅雨時分には気分が落ち込む「梅雨うつ」も加わるとか。

そして夏は「夏バテ」、さらに秋まで不調が続く「秋バテ」も増加傾向と、結局は年がら年中、要注意。

対策はシンプル。体を温め、よい睡眠と食事を。何より無用なストレスをためないのが一番—と分かってはいても、行うは難し。


ところで、選挙時から訴えてきた「地球温暖化はうそだ」との定見にこだわり抜いたトランプ米大統領。190カ国以上が合意した地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」から離脱すると表明した。

1月の大統領就任以来、重要政策の誤算が続き政権運営は苦境に陥っている。協定離脱は、選挙公約を手っ取り早く形にでき求心力回復を期待できる切り札というが、各国の説得を押し切っての策は賢明とは思えない。「温暖化はうそ」どころか、世界の平均気温はこのところ過去最高を更新し続け、太平洋の島国は海に沈む危機に直面している。本当にどうしょうもない人が大統領になった。

明日から議会だ。
スポンサーサイト
【2017/06/04】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |