国道8号線の通行止め
Date :2017-06-09(Fri)

7日午前、敦賀市赤崎と南越前町具谷の間の国道8号線で、約19キロにわたってシャンプーの原材料の液体が路面についていたもので、乗用車やトラック合計7台がスリップするなどの事故を起こした。

また、滑りやすく事故の危険がある液体を取り除くために道路のアスファルトを削るなどの作業を行ったため、国道8号線は敦賀市と越前市の間の一部の区間で、最大で約18時間にわたって通行止めが続いた。国道8号の雪害と今回の通行止めは状況こそ違うが、国道8号線の二車線と曲がりくねった事故を起こしやすい弱点が今回も露呈することとなった。迂回路もなく、妥当な措置とは言え、季節柄、プラザ萬象の避難所設置にも驚いた。

ところで、そろそろ梅雨入りか。四国地方が梅雨入りしたとの報道。もうそこまで来ている。大幅に早かったり、遅かったりする年もあるから、まずは順調な時節の巡りを望みたい。

身も心もじめじめとしてくるような季節の中で、うっとうしさを多少なりとも和らげてくれるのがアジサイ。

アジサイの花言葉には「移り気」や「高慢」がある。自信も度が過ぎると、人々の心を移ろわせることになる。

一方で雨に映える鮮やかな色彩が目を楽しませてくれる。敦賀市内の家々、道路のアジサイは出会うと心が和む。

アジサイは土壌の酸性度などによって色が変わる。白から青みを帯び、やがて藍や紫へと色を濃くしていく。色が変わる楽しみもある。

異名は「七変化」。行政は常に臨機応変、的確で柔軟な対応が求められる。



スポンサーサイト
【2017/06/09】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |