FC2ブログ
今日は議会最終日
Date :2017-06-26(Mon)

議員の同期10名のうち現役でなくなった方が3名。
下条、中野、そして先日、亡くなった常岡議員。いずれもガンだった。
がんは残酷である。身内のガンや同窓会での亡くなった仲間の話、先日も親友のガンの見舞い、そして亡くなった知らせと気が重くなる日々が続いていた。いずれにしても、そんな年齢になったとの自覚だ。

日本人の2人に1人がかかり、3人に1人の命を奪う。それでも早期発見で回復する人が増えていることも確かだ。

議員ともなれば、共通するだけに悩みも想いも多少は理解できる。まだまだやり残したことがあると思うが、運命の理不尽さに歯ぎしりしたに違いない。若ければなおさらだろう。下条さんは一回の一般質問で終わっている。「市長の理想の敦賀市は?」と、市長に敦賀市のあるべき姿を質している。最初の同期会でもそれをしきりに語ったのを思い出す。

中野議員も「まだ、これからなのに」との言葉がぐさりと残っている。

山根元県議は、病室にあった敦賀市全体の地図を病室でながめながら語っていたのを思い出す。市長にとの話もあった。それだけに無念の想いもあったろう。

歌舞伎俳優市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが、34歳で亡くなった「力強く人生を歩んだ女性でありたいから、子どもたちにとって強い母でありたいから、病気の陰に隠れている自分とお別れしようと決めました」。

進行性の乳がんであることを告白し、どんなにつらくても日々の様子をブログにつづった。子どもの成長や夫の稽古、口にした食べ物、そして悩み事…。

人生を病気の色だけに染められたくない、彩り豊かにしたいとの思いからだ。どれだけ多くの人が勇気を頂いたことか。

友人も末期の食道がんだったが、本人は病を押して、仕事励んでいた。医師からは「もう推進エンジンはありません。気力という上昇気流だけ」と死亡宣告から一年生き延びた。これも生き方ただ。ついつい暗くなるが、これも人生。今日は6月定例会最終日、しっかりやるだけ。
スポンサーサイト



【2017/06/26】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |