現在位置での市庁舎建設建て替え
Date :2017-06-27(Tue)

議会は決めていかなければならないところだ。昨日の議会最終日で、移転か建て替えかが焦点となっている敦賀市役所の新しい庁舎について、市民アンケートの調査費などを削除した補正予算の修正案を賛成多数で可決しました。敦賀市議会として、これまでにない画期的なことだ。

これを受けて渕上市長は「議会の決定を重く受け止める」と述べ、現庁舎の建て替えを進める方針を明らかにした。


議会は調査費を削除した修正案を提案し、賛成多数で可決した。

市民説明会に参加した住民の約6割が現庁舎の建て替えが良いと回答していて、移転か建て替えかを判断する材料はそろっている。

として、補正予算の修正案を可決した。

が提案した。

これを受けて、渕上市長は「広く市民の意見を聞く機会を失い、
残念でならない」と最後に述べながらも、「議会の決定を重く受け止め、民意と理解する」と述べ、現庁舎の建て替えを進めることを明確に語った。

此で3月議会以来、移転か、現在地かの議論に議会が結論を出した。議会制民主主義である敦賀市でも民意として結論を出したことになる。

まったく話が違うが、これも画期的なことだ。将棋の最年少棋士、藤井聡太四段が、昨年12月のデビューから無敗のままで、30年ぶりに公式戦29連勝の新記録を達成した。若さというより楽しみな逸材と言っていいだろう。
スポンサーサイト
【2017/06/27】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |