格の違う中学生
Date :2017-06-28(Wed)

議会を離れた話題と考えたが浮かばない。ついつい将棋の話題になる。14歳、中学3年生の今頃は毎日なにもせず柔道部で大会に向けての練習に励んでいた。終わったあとは、仲間と讃岐うどんを食べて帰った。

将棋の藤井聡太四段は中学生であり中間試験も受けながら連戦連勝。まったく格が違う。プロ棋士としてデビューして半年。一度も負けを知らず公式戦29連勝を達成。

従来の記録を30年ぶりに更新。終局後のコメントも落ち着いているし、慢心は見られない。

羽生善治3冠は「29連勝は歴史的な快挙。結果も素晴らしいが、内容も伴っている点でもすごみがあります。ひのき舞台で顔を合わせるのが楽しみ」と答えている。

ネットで解説つきの指し手が確認できる。内容もこれが中学生かと渋い手が多い。それも不利な局面でも見事な手で切り返している。大人顔負けの中学生だ。テレビも新聞も彼一色。

小学生の頃は人前に出るのが苦手で恥ずかしがり屋。でも、負けん気は強く、負けると大泣きした。将棋盤から引き離すのが母親の役目だったという。その負けん気が向上心につながり、頑固さが研究を深めさせたとも。

昔の思い出で恐縮だが、敦賀にも将棋を一日、確か400円ほどで楽しむ場所があった。日曜日にときたま顔を出したものだ。職場でも将棋、囲碁やマージャン大会もあった。小学生の息子二人に将棋を教えると、数年で互角になったのを思い出す。

また、大学の寮や乗船実習中でよく指したのを思い出す。そんな思い出を思い出させる藤井四段は、すごい。老若男女と、将棋ファンを増やす力を藤井四段は、中学生にして持っている。格の違う中学生だ。


スポンサーサイト
【2017/06/28】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |