夏本番、雑草も弱い
Date :2017-07-10(Mon)

昨日の天気は曇り、それでも海辺の紫外線は強い。昨日もカッターレースの練習の手伝いで一日、川崎の岸壁で過ごした。

途中、海開き、戦没者戦災死没者追悼式に出席と忙しかったが、どれも準備する方は前日より準備をして昨日を迎える。繰り返しているが、関係者の皆さんにご苦労様とお礼を申し上げる。毎年の行事だが、どれも大事な式だ。一方、海水浴客もずいぶん減った。追悼式も戦後72年、参列者も減った。時間は確かに平和に過ぎている。

ところで、年々、自分も暑さに弱くなっている。人間に比べると、植物は暑さに強いと思っていた。雑草がいい例だ。見れば分かる。そう思っていた。だが、夏の太陽は植物にとっても優しくないそうだ。

紫外線の悪影響を避けるため、花や果実が濃く色づいて種子を守るとか。暑さに弱い植物は春に種を作り、夏には枯れてしまう。植物は長い進化の過程で暑さに耐え、あるいは危機を回避する術を身につけたとか。

猛暑はこれから本番。植物のように暑さ対策のメカニズムを持ち合わせていない人間は、知恵を働かせるしかない。日焼け止めをしっかり塗って、強い日差しを出来るだけ避け、水分と栄養を十分に補給。と、きまりきってはいるが、ついついルーズになる。こんな時間が8月まで続きそうだ。日焼けはからだをダルくする。今日もご安全に。
スポンサーサイト
【2017/07/10】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |