駐車場確保、スケジュールの前倒しなどを議論(市庁舎建設対策特別委員会)
Date :2017-07-12((Wed)

昨日は、市庁舎建設対策特別委員会。

これは、6月議会の26日最終日に「敦賀市役所庁舎建設地に関する決議」で、

「市長は議会の意思を真摯に受け止め、現所在地を敦賀市役所
庁舎建設地として早急に決定し 、建てかえに向けての手続きを
速やかに進めること。」とする決議案を賛成多数で結論を出した。

これを受け、渕上市長は、本会議で修正案の議決に触れつつ「広く市民の意見を聞く機会を失い、残念」と不満を漏らす一方、「今回の判断が最善となるよう議会とまい進する」と決意を述べた。

この流れの中で、昨日の特別委員会、候補地決定と今後のスケジュールが示された。まずは消防庁舎の建て替えそして本庁舎の建設と進み、最後に現庁舎の解体と進む。

建設の手順など、重要な要素だが、市民の来訪時の駐車場と、職員の駐車場の確保が難しい課題だ。昨日は、駐車場の質疑が多く出された。

また、私が注文をつけたのは、基本構想、基本計画、基本設計と進む段階で、基本構想が従来とかわりなく今年度末となっているのを、せっかく6月に候補地決定をしたのだから、国の財政措置を受けるためにも年内の基本構想作成の前倒しを提案。部長からは「検討する」とのことだが、基本計画で広く市民意見をとりいれるためにも早急にスケジュールを進めるべきとも思う。

いずれにしても、現在地での建て替えが決定した以上、建設的な議論展開を今後も進めるべきとも考える。
スポンサーサイト
【2017/07/12】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |