小学校の廃校利用
Date :2017-07-22(Sat)

昨日は、新潟県小千谷市を訪れた。小学校の廃校利用を視察するためだ。廃校利用に企業こと、工場が、入ってきた。

名前は中越住電装株式会社、住友電装グループ飲めるように子会社だ。廃校は2013年3月末。

閉校した旧岩沢小学校(小千谷市)の校舎を活用し、このような企業の工場を稼働させている。体育館が工場、運動場が駐車場、各教室が管理など部門、事務所など小学校のたいはんを利用。

廃校利用も多種多様だが、土地利用による家賃が入り、税収にもなる。それに従業員の雇用も生まれるとなったら一挙三特かもしれない。

ところで、学校と言えば、小中学校で夏休みが始まった。海や山などに家族や友人らと出かける計画を立てている人がいる一方で、

政府は来年度から学校の夏休みを5日短くし、地域ごと異なる週に、前後の土日を含め9連休をつくる政策「キッズウイーク」を構想する。

県内、市内での実施は未定だが、実施となれば、1ヶ月を超える長い夏休みは今年限りになる可能性もある。

いずれにせよ、せっかくの夏休みを漫然と過ごしてしまえば、時間は瞬く間に過ぎてしまう。いつまでも記憶に残る感動を一つでも多く経験し、「長くてとても充実した毎日だった」と振り返ることができるような夏休みにしてほしい。

少年は一日を長く感じるが、大人は一日を短く感じると同じで、

初めて歩く道は長く感じるが、帰り道はあっという間という経験があるだろう。行く道は新鮮で記憶に残すべきものが多いが、帰り道は少ない。もとにもどすが、廃校利用となれば、時間的に短いような気もするが出来るだけ長く、そんな利用方法は少ないようにも思う。難しい課題だ。




スポンサーサイト
【2017/07/22】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |