李下に冠を正さず
Date :2017-07-26(Wed)

一昨日か、安倍首相は、「李下に冠を正さずい」と。これは中国故事を引いてみせたが、この前文に「瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず」もある。李の(すもも)木の下で冠を被り直さなかったにせよ、瓜(うり)畑で靴を履き直せば、やはり瓜泥棒と疑われる。疑惑の払拭は難しい。

ただ、昨日の安倍首相と野党の論戦。どうも決め手にかける。

思い起こせば、かつてロッキード事件で政府を糾弾、暴走しがちな権力も論客達の一刺しを恐れ、自粛が利いた時代もあった。そんな既視感を重ねて見たが「疑念はもっとも」と説明不足を低姿勢で認めつつ、「指示は全くない」と繰り返す首相のペースで展開した。

野党の追及も決定打を欠き、「忖度(そんたく)」という見えない状況証拠を繰り返すだけ。首相が胸を張り「一点の曇りもない」と述べる姿に釈然としない人も多かったのでは。

釈明は低迷する内閣支持率を好転させる起死回生の賭けだった。都議選、仙台市長選と得意の選挙で連敗。党内派閥力学が〝一強〟から〝安倍離れ〟の揺らぎも見え隠れしており、派閥絡みの賭けでもあった。

というべきいっぽう、民進党の野田幹事長の辞任、首相までやったのに、他に代わりはいるだろうか、率直に民進党こそ、危機的状態にあることは確かだ。
スポンサーサイト
【2017/07/25】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |