現在地決定後の庁舎建て替えスケジュールと基本構想の審議。
Date :2017-09-22(Fri)

敦賀市内で元気に働くお年寄りを多く見かけるようになった。コンビニ、工事現場の交通整理などなど。

ただ、働きたくなくても働かざるを得ない人も増えているのではないか。医療や介護で本人負担が増える流れの中、老後が長くなれば懐具合は一段と心配になろう。不測の事態への備えも必要だ。

聞くと生活保護を受けている世帯のうち、高齢者を中心とした世帯は5割を超えているという。かつてのように親が子どもを頼るのが難しい時代となった。孤立感を深める人たちが増えており、セーフティーネットの必要性は高まる一方だ。

高齢者福祉も重要なテーマだが、公共施設、特に市庁舎の耐震や建て替えは各自治体の重要なテーマとなっている。前置きが長くなった。


昨日は、議会の庁舎建設対策特別委員会。6月議会で現在地での建て替えが決まって、注目された基本構想(案)と全体スケジュールの提案の審議。全体スケジュールは、これまでより6か月前倒しされた。

課題は、敦賀見方消防組合の庁舎建て替えとの調整が必要不可欠だ。同じ敷地内での建て替えだけに、当然、建物の色合いやデザインの統一感は必要だ。消防組合は敦賀市、美浜町と若狭町で組織されているだけに、資金面での分担など調整が難しい。
また、基本構想(案)の審査にはいった。

内容としては四つ葉のクローバーをあしらっての四つの基本理念をかかげ、基本構想としては詳細な内容となっており、担当者の苦労が滲み出るような、私としては、中身の濃い基本構想となっていた。

次回、10月4日に再度、特別委員会を行い、基本構想(案)の市民にパブリックコメントを求め、その後、事業者による基本計画と動いていく。詳細は明日へ。



スポンサーサイト
【2017/09/22】 | ページトップ↑
| ひとことトップ |